« 第1空挺団 降下訓練始め(2019/1/13) | トップページ | 品川駅改良工事 今後の予定が明らかに »

2019年2月 7日 (木)

品川駅改良工事レポ+高輪ゲートウェイ駅の様子(2019/02/02)

改良工事が進む品川駅と、建設工事中の品川新駅こと高輪ゲートウェイ駅。
2/2(土)に、現地の様子を見てきました。

前回のレポートからは、2ヶ月半が経っています。

今回は、以下の項目について記事にしています。

①4番線の改良工事の様子
②山手線移設に向けた動き、引き上げ線の使用停止、ほか(山手線関連)
③7・8番線での工事(北口広場関連)、9・10番線での工事(地下物流施設関連)
④新駅と、3本の新線の様子

10205gif
<品川駅周辺で行われている工事>
※クリックで、別ウインドウに原寸大(1100x670)の画像を表示します(GIF形式 80KB)


まずは、改良工事中の4番線の様子を大井町寄りから。

Img_631022<品川駅4番線 大井町寄り 1/3>

Img_630922<品川駅4番線 大井町寄り 2/3>
4番線ホームの大井町寄りでは、ホーム端へのホームウォール(土留め擁壁)の設置が終わり、
新しい上屋も(4番線側のみ)完成していました。
路盤の工事も進んでいるようです。

Img_630722<品川駅4番線 大井町寄り 3/3>
4番線の最も大井町寄りの部分では、ホーム上屋が切り欠きになっていました。
 
反対側の3番線には、将来的に11両編成の山手線が停車するようになるため、
京浜東北線の列車は停車しない位置にも、新しい上屋が設置されているのでしょう。

Img_630622<品川駅4番線 ホーム南側>
4番線の南側では、
北行新線の予定位置にあった架線柱・信号機器の建屋の撤去が終わっていました。
 

続いて、4番線のホーム中程の様子を。

Img_63112<品川駅4番線 中程 1/4>

Img_63122<品川駅4番線 中程 2/4>

Img_63142<品川駅4番線 中程 3/4>
ホーム中程でも、大半の場所でホームウォールの設置が終わり、
路盤の工事も進んでいるようでした。
 
駅舎の柱などでホームウォールが設置出来ない場所(写真1/4、写真2/4)のみ、
現場打ちコンクリでの擁壁となっているのは、これまでの改良工事でも見られた施工方法ですね。

Img_63162<品川駅4番線 中程 4/4>
一部では、早くもホーム柱駅名標が設置されていました。

 
続いて、4番線ホームの田町寄りを。

Img_63212<品川駅4番線 田町寄り 1/3>

Img_632222<品川駅4番線 田町寄り 2/3>
4番線田町寄りでは、既存の擁壁を改修してホームドア設置の準備が行われていますが、
ここでは、新しい床板(PCコンクリ板)の設置が完了していました。

Img_632022<品川駅4番線 田町寄り 3/3>
使用停止前は、南行の最後尾がちょうど写真の中央付近でしたが、
改良工事で停車位置が若干南寄りにずれるため、
北行の先頭車両は、駅舎のガラス壁よりも奥側に止まることになりそうです。
 
この付近では、(理由は不明ですが)ホーム擁壁の上部が削られていました。
 

Img_634522<品川駅4番線 ホーム北側 1/2>

Img_63242<品川駅4番線 ホーム北側 2/2>
北行新線の線路は、4番線のすぐ北側まで延びていました。


続いて、山手線ホームの移設と、引き上げ線の使用停止、などについて。

 
今年秋の切換工事では、京浜東北線北行に加えて山手線の2線も新線に移ります。
移設に備えた工事が1・2番線(山手線ホーム)の東京寄りでも始まっていました。

Img_63483<山手線田町寄り 1/4>
山手線ホームの田町寄りでは、1番線と2番線から伸びる線路の脇に、
切換工事後の配線に対応した、新しい架線柱(上写真、赤矢印)が建てられていました。
 
このことから、(最終形は不明なままではありますが)秋の切換工事では、
山手線は1・2番線を使用したまま、線路のみが新線へと切り替えられることになるでしょう。

Img_63652<山手線田町寄り 2/4>
2番線では、インテグレート架線のき電吊架線を張る準備が行われていました。

Img_63493<山手線田町寄り 3/4>

Img_63503<山手線田町寄り 4/4>
き電吊架線を張るためのケーブルは、
ホームのすぐ北側で、新線の方向へ曲がっていました。
 

また、品川駅の山手線電留線は、秋の切換工事よりも半年ほど早く、3月ダイヤ改正で廃止となるため、
深夜の内回り品川行き電車が大崎行きに短縮となる旨のポスターが、
1月頃から、山手線の各駅で掲示されています。

Img_627322 
品川駅でも、ポスターが掲示されていました。

Img_63662 
1番線のすぐ先にある入換信号機も、あと1ヶ月半で使用停止になります。
 

このほか、山手線ホームのすぐ北側には、
用途が無いながらも残されていた短い引き上げ線がありましたが、
いつの間にか使用停止になっていました(今年1月頃?)。

Img_63552<山手線引き上げ線使用停止 1/4>
2/2現在、引き上げ線に繋がる分岐器と、引き上げ線の線路は残っていますが、

Img_63562<山手線引き上げ線使用停止 2/4>

Img_63522<山手線引き上げ線使用停止 3/4>
引き上げ線には、枕木を組んだ車止めが置かれて、
はっきりと使用停止と分かる状態になっていました。

Img_63572<山手線引き上げ線使用停止 4/>4
入換信号機も、バツ印で使用停止になっていました。


続いて、7・8番線ホーム(第4ホーム)での北口広場に関連した工事と、
9・10番線(第5ホーム)での地下物流施設に関連した工事について。
 

まずは、去年5月の記事で、
「7・8番線ホームの東京寄りの上屋が切り下げられそうだ」とお伝えした件の続報から。

I期工事で改良工事が行われた7・8番線ホームは、
架線よりも高い位置でホーム上屋が構築されました。
 
ただし、その上屋の高さでは、今後行われる北口広場の整備工事と干渉するため、
上屋の切り下げ工事が行われていました。

Img_63342<7・8番線ホーム 東京寄り 1/3>

Img_63353 
<7・8番線ホーム 東京寄り 2/3>
ホーム中央寄り(上写真の左側)が、I期工事で整備された上屋で、
ホーム東京寄り(上写真の右側)が、切り下げ後の上屋になります。
写真の通り、かなり低くなりました。

Img_63372<7・8番線ホーム 東京寄り 3/3>
屋根が切り下げられて、(ホーム床こそベニヤでしたが)これまでの完成形から、
再び、改良工事中のホームらしい雰囲気になりましたね。
 

続いて、地下で物流施設の工事が行われている9・10番線ホームの様子を。

Img_63432<9・10番線ホーム 東京寄り 1/2>

Img_63382<9・10番線ホーム 東京寄り 2/2>
これまで、ホームの東京寄りに仮囲いが設置されていましたが、
ホームの中程にも仮囲いが設置されていました。
 
写真の付近は、地下物流施設の直上ではありませんが、
地下物流施設に繋がる地下通路、あるいはエレベーターか何かが設置されるのかもしれません。


続いて、品川新駅と3本の新線の様子を、田町寄りから載せていきます。
(写真は、京浜東北線の北行または南行の車内からとなります)

Img_638222<新線工事 田町寄り 1/5>

Img_638122<新線工事 田町寄り 2/5>

Img_638022<新線工事 田町寄り 3/5>
北行新線の立体交差の、田町寄りアプローチ部ですが、
2ヶ月半の間に、すっかり形になっていました。

Img_637922<新線工事 田町寄り 4/5>
現在の立体交差とは違い、両側に背の高い防音壁が建てられているため、
かなり存在感がありますね。

Img_62902<新線工事 田町寄り 5/5>
立体交差のアプローチ部のすぐ隣では、
山手線内回りの路盤工事も進んでいました。
 

Img_638822<新線脇 保守用側線工事 1/4>

Img_62932<新線脇 保守用側線工事 2/4>
北行新線の立体交差のすぐ脇では、
保守用側線と保守車両の格納庫の工事が始まっています。
 
3月で使用停止になる山手線電留線には、保守用側線と保守車両の格納庫があるので、
それの代替として整備が行われている可能性が高そうです。

Img_629423<新線脇 保守用側線工事 3/4>

Img_629533<新線脇 保守用側線工事 4/4>
立体交差の脇では、保守用側線の軌道工事と、
側線に繋がる横取装置の設置が行われていました。
 

Img_62962<新線工事 新駅付近>
新線3本のうち、山手線の外回り新線・内回り新線については、
新駅の前後で、すでに架線が張られていました。

Img_63712<高輪ゲートウェイ駅 1/3>
高輪ゲートウェイ駅の駅舎ですが、
1月頃に足場の一部が外され、駅の外観が見えるようになっています。

Img_64042<高輪ゲートウェイ駅 2/3>
夕方になると、特徴的なガラス張りの壁面がよく分かります。

Img_63962<高輪ゲートウェイ駅 3/3>
山手線ホームの南側でも、上屋の工事が始まっていました。

Img_64012<新線工事 品川寄り 1/2>

Img_64022<新線工事 品川寄り 2/2>
山手線の新線2本(写真の奥側2線)も、品川駅のかなり近くまで延びてきていました。


今回の品川駅・品川新駅周辺の様子は以上となります。

次回のレポートも、2~3ヶ月後を予定しています。

|

« 第1空挺団 降下訓練始め(2019/1/13) | トップページ | 品川駅改良工事 今後の予定が明らかに »

コメント

情報アップありがとうございます。
ずいぶん進みましたね。
一番線側にも,架線柱を立てたいうことは、ますます予測がつかなくなってきましたね!
とりあえず、1,2番線につないで、3番ホームを改良後外回りを再移行
ということも考えられますね。
秋が楽しみです。

投稿: 通天丸 | 2019年2月 7日 (木) 14時31分

>通天丸様
コメントありがとうございます。

本当に、秋の切換工事以降の予想が難しいですね。
4番線の新しい上屋の3番線側が未完成のままなので、秋以降に何らかの動きがあるのは確実でしょうけれど…。

投稿: すいごう | 2019年2月 7日 (木) 23時00分

いつも楽しく拝見させていただいております。

山手線ホーム北側の引き上げ線ですが、京浜急行と関係しているかもしれません。
京急品川駅を2階から2面4線の地平化の計画があり、駅の位置も少し北へズレるようです。
引き上げ線の西にある京急第10ビルも立ち退き交渉が進んでいるので解体になるでしょうから、引き上げ線は山手線1番線のスペースとあわせて京浜急行の新しい品川駅になるのではないでしょうか。

投稿: L | 2019年2月 8日 (金) 15時18分

行こう行こうと思いってもなかなか足が延びないので、レポートを拝見し楽しませていただいております。

今回使用停止された山手線内方のY線は昔の荷物電車や配給電車に関連した線路っぽい気がしますが、何にしろ昔なじんだ雰囲気が消えるのは寂しいものですね(トシを数えてしみじみ)

投稿: ぶどうの郷 | 2019年2月 8日 (金) 23時10分

3番線はホームドアの工事がされてないので、とりあえず山手線は1,2番線のままにして3番線のリニューアルが終わったら順次切り替えるんでしょうね。
あと、敷かれ始めてる線路の向きからして改良工事後も1番線は使われ続けるような気がします。

投稿: あああ | 2019年2月 8日 (金) 23時19分

いつもレポート拝見しております。
個人的には、山手内回りは1番線と2番線、外回りは3番線が。1番線は朝ラッシュ時の交互発着に使って欲しいですね。
と、希望は置いておいて。
田町〜品川間の旧東海道上りと京浜東北南行の線路が一部剥がされています。架線は撤去済みでした。線路撤去は切り替え部の支障部だけでした。北行立体交差上り部あたりと田町寄り、品川バスターミナル付近で旧南行線路が撤去されていました。
また、各路線で枕木両端レール方向に白い塗料が塗られているのが確認できます。樋から落ちた水の跡かと思っていました。しかし、ケーブルを避けているため人為的に塗られたものと考えられます。各地で見られます。

投稿: von Kimura | 2019年2月12日 (火) 22時30分

先週末から、品川駅北側に突然巨大な柱が立ち始めましたね。
ついに北口広場の工事が始まったみたいです。

投稿: あああ | 2019年2月18日 (月) 12時14分

いつも楽しく拝見させていただいております。
毎日、京浜東北線の車内から切替工事の様子を見ていますが、
今年11月頃に予定されている京浜東北線北行、山手線の三線切替工事に向かい
線路・架線・ホームの工事も急ピッチで進んでいるように感じられます。
それで、山手線ホームと京浜急行線地上化について私なりに考えてみました。

京浜急行側から発表されている工事予定を考察しますと、
山手線留置線廃止後の跡地に、まず下り線用の島式のホームを造り
下り線を先に移設し、その後、下り線を含めた駅舎を解体撤去し
空いた用地に上り線用の島式ホームを建設するとあります。

その場合、山手線ホーム北側の端に立ってみると解りますが、
空きスペースの関係から内回りの線路を京急用に明け渡さない限り
下り線用ホームの建設は不可能だということです。

京急の12両編成用の島式ホームを建設するためには、
品川駅から泉岳寺側の地下へ下りる線路の配置を考慮しますと
山手線ホームのほぼ真横に建設すると考えております。

今年の秋の切替工事では山手線のホームは現状のままですが、
その後、一線ずつ海側に移設し1番線は無くなると考えておりますが???
よろしくお願いいたします。

投稿: ウエストマウンテン | 2019年2月19日 (火) 17時25分

山手新線、北行きの線路にぶつかるところまで、枕木が設置されましたが、まだ、何番線につなぐかは、微妙ですね!!
京浜急行ですが、過去の説明会図面では、あの一番せまいところでも、
下り新線は、現高架に対し1線分だけずれた下の位置になっていますので、あの引き上げ線だけ譲りうけ山手はそのままのような気がしますが。
その場合、ホームはどうするのかですが、JR3線移転であいた
北側の空き地に、仮ホームを設置して、高架とりこわしにはいるのではと、個人的に、妄想しています!!
利用客には、多少ホームまで歩くことになりますが、渋谷埼京線ホームのことを考えれば、いけるのではないかと思っています。

投稿: 通天丸 | 2019年2月20日 (水) 16時39分

いつも観察お疲れ様です。自分はようやく見に行くことができました。
1番線、2番線の北側に見える架線柱は仮設かと思いきやずいぶん立派ですね。本設でしょうね。北通路から見える山手線内回り、外回りの線路共に現在の線路に繋がりそうな形状で、このまま切り替えがされると3番線の扱いが気になります。屋根の鉄骨が3番線側のみ未施工のところがあるので秋以降の工事内容、配線形状など、いろいろ楽しみな点がまた増えましたね。

4番線の工事は進んでいて、ホーム擁壁が削られたあたりまで枕木が設置されていました。

投稿: ひろゆき | 2019年2月25日 (月) 23時08分

山手内外の間にある引き上げ線のうち、2番線側のポイントが撤去されました。

投稿: 通天丸 | 2019年2月26日 (火) 15時50分

26日のプレスリリースの内容で記事を作成しましたので、
その辺のおっさん様、通天丸様のコメントを、そちらの記事へ移動しました。

http://suigousblog.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-9506.html

投稿日付が変わってしまうこと、何卒ご容赦ください。

投稿: すいごう | 2019年2月27日 (水) 01時34分

次回要記録MEMO

・東海道上り旧線、京浜北行旧線の撤去開始
・新駅の足場撤去進む

投稿: すいごう | 2019年3月11日 (月) 00時05分

田町駅南の線路切替場所付近の枕木が細い物に交換されました。
バラスト色が周りと違っていて気づきました。
準備はすすんでますね。

投稿: von Kimura | 2019年3月11日 (月) 03時04分

山手線の新内回り線路で、おそらく作業用として線路敷設されていなかった、田町側の現行線との接続部にPC枕木が並べられていました。

投稿: von Kimura | 2019年3月27日 (水) 11時49分

>von Kimura様
目撃情報ありがとうございます。
着々と準備が進んでいるようですね。

投稿: すいごう | 2019年3月31日 (日) 01時41分

品川駅のすぐそばでクレーン車が2台現れました。
新駅付近ではもう一台が組み立て中です。
アームが折れ曲がらないタイプなので高所用ではないですね。
新駅横に構造物が置かれているのも確認できます。
品川駅北側に柱もたちました。
おそらく品川駅〜新駅間のデッキの組み立てが始まるのではないでしょうか。

投稿: von Kimura | 2019年4月10日 (水) 12時50分

2月末に品川駅のあるべき姿が公表されましたが、前回の品川駅改良工事の報告から2か月が経過しています。
現時点での変遷姿が見られると有難いです。また2か月毎とは言いませんが、工事の進捗報告を希望いたします。

投稿: その辺のおっさん | 2019年4月14日 (日) 16時34分

利用が停止された内回りの電留線へのポイント付近が徐行になっています。
また、ポイント付近のバラストが袋詰めされたものに変更になりました。
使用停止した電留線に細いPC枕木と取り付けられたレールが用意されています。

投稿: von Kimura | 2019年4月15日 (月) 16時31分

>von Kimura様
目撃情報ありがとうございます。

電留線へのシーサスクロッシングの撤去開始も近そうですね。

また、電留線の方も、架線の撤去が今日明日くらいには終わりそうなので、
電留線部分でも、いよいよ線路の撤去が始まりそうですね。

投稿: すいごう | 2019年4月15日 (月) 23時33分

山手内回り本線の分岐器のうち田町側が撤去されました。
電留線側に細いPC枕木が10本程度積み上げられています。

投稿: von Kimura | 2019年4月24日 (水) 07時02分

連休中は、クレーンアームを下ろした姿が見れました。
しかし、品川駅に最も近い一台はアームを下ろすスペースが無いためか起こしたままでした。
品川の電留線の枕木は40本ほど積んであるのが確認できます。
シーサス部分の撤去入れ替えの他にも交換箇所があるのでしょうか。

投稿: von Kimura | 2019年5月 6日 (月) 19時36分

>von Kimura様
いつも目撃情報ありがとうございます。

シーサスクロッシングの撤去以外で新しく枕木が必要になる箇所となると、
シーサスより少し田町寄りにある、内回り・外回りの間にある引き上げ線に繋がる分岐器撤去の分かもしれませんね。

投稿: すいごう | 2019年5月 8日 (水) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 品川駅改良工事レポ+高輪ゲートウェイ駅の様子(2019/02/02):

« 第1空挺団 降下訓練始め(2019/1/13) | トップページ | 品川駅改良工事 今後の予定が明らかに »