« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月25日 (木)

ホームドア・TASC関連の表示灯(山手線)

山手線新橋駅で、ホームドア関連の表示灯が興味深い状態になっていたので、
記録用として残しておきます。

Img_82273<有楽町>
山手線でホームドアが既に稼働している駅では、正常時、
運転台脇のモニターは、停車直後・発車直前には上の写真のようになります。
 
電車が定位置に停車したため、ホームドア連携用の車上子と、
地上・車両間の連携に使用されるP0地上子(※参考画像あり)が重なった位置となり、
「定位置」表示灯が点灯しています。
また、車両ドアとホームドアが連携している状態のため、「ホームドア連携」表示灯が点灯しています。

Img_82022<参考画像:P0地上子>
 

Img_82203<浜松町>
2019年7月時点でホームドアが設置されていない浜松町駅でも、
停車直後・発車直前の運転台脇のモニターは、ドア稼働駅である有楽町と同じ状態になっていました。
 
ホームドア未設置駅ですが、既にP0地上子が設置済み&機能しており、
「定位置」表示灯が点灯し、定位置検知が行われていました。
車両・地上間の連携も行われているようで、「ホームドア連携」が点灯していました。
 
ホームドアが無いのに「ホームドア全閉」が点灯しているのは、
すでに、地上・車両間の連携が行われている状態になっているため、
ホームドア全閉の状態にならないと、発車できないためでしょう。
(地上からダミー信号を送信している? 資料無し)
 

Img_82233<新橋>
一方、2019年7月現在、P0地上子が撤去(使用停止中)の新橋駅では、
停車直後・発車直前の運転台脇のモニターは、上の写真の状態になっていました。
 
地上・車両間の連携に使用されるP0地上子が機能していないため、
「定位置」表示灯は点灯せず、「ホームドア分離」が点灯しています。
山手線では珍しい状態です。
 
P0地上子が機能していないため、地上・車両間の連携はされていないはずですが、
なぜか「ホームドア全閉」は点灯しています。
分離モードの場合、ホームドアの状態を車両側で取得できないため、
車両側では「車両ドアの状態=ホームドアの状態」と見なしているのかもしれません。
 
今のところ正解は不明です。資料を探さなければ…。

Img_82002<参考画像:P0撤去中@新橋駅>

 
【2019/8/14追記】
8月上旬頃には「P0停止中」が外され、
運転台脇のモニターについても、「ホームドア連携」が点灯するようになりました。

Img_83303<交換後のP0地上子>
現地を確認すると、元からあったP0地上子が交換され、
真新しいP0地上子に置き換わっていました。新品なのか、驚きの真っ白さ!
 
元々のP0地上子は、山手線でホームドアの整備が本格化した頃に設置されたものですが、
実際にホームドアが設置されるにあたり、新しいタイプのP0地上子への交換が行われたようです。
P0地上子の交換中は連動機能が停止するため、「P0撤去中」となっていたのでしょうね。

| | コメント (3)

2019年7月 9日 (火)

RYZEN 5 3400G購入(2019/07/07)

7/7の午後7時から販売が始まったRYZEN 3000シリーズ。
7nmプロセスで製造されたZen2コアを乗せた、コードネーム「Matisse」と呼ばれる上位~中位モデルは、
初日から大人気となっているようで。

一方、中位~下位モデルのAPUとしては、
1世代前のZen+コアを乗せた、コードネーム「Picasso」と呼ばれる製品が販売開始となりました。

今回の目玉は7nmプロセスで製造された「Matisse」であり、
「Picasso」はそれほど存在感が高くありませんが、
APUユーザーとしては気になっていたので、初日に、最上位モデルの「RYZEN 5 3400G」を購入してきました。

Img_81572

続きを読む "RYZEN 5 3400G購入(2019/07/07)"

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »