« 2019.08.11~12 草津温泉旅行 | トップページ | E259系でもホームドア対応改造実施 »

2019年8月20日 (火)

品川駅改良工事レポ+高輪ゲートウェイ駅の様子(2019/08/13)

改良工事の進む品川駅4番線と、建設中の高輪ゲートウェイ駅と新線の様子を、
8/13(火)に確認してきました。

前回のレポートからは、約3ヶ月が経っています。

今回は、以下の項目について記事にしています。

①4番線の改良工事の様子
②山手線電留線の撤去の様子
③北口広場建設、駅構内の改良
④新駅と新線の様子

10207png
<品川駅周辺で行われている工事>
※クリックで、原寸大(1100x670)の画像を表示します(PNG形式 270KB)


まずは、改良工事中の4番線の様子を大井町寄りから。

Img_84172<品川駅4番線 大井町寄り 1/4>

Img_84152<品川駅4番線 大井町寄り 2/4>

Img_841622<品川駅4番線 大井町寄り 3/4>
前回の調査から3ヶ月が経ち、
4番線は架線工事が終わり、ホームについても笠石の設置・再舗装まで完了していました。

Img_84132<品川駅4番線 大井町寄り 4/4>
大井町寄りでは、北行の現行線のすぐ手前まで、4番線の線路が延ばされていました。

  
続いて、4番線のホーム中程の様子を。

Img_84182<品川駅4番線 中程 1/5>

Img_84192<品川駅4番線 中程 2/5>

Img_84212<品川駅4番線 中程 3/5>
ホーム中程でも、笠石の設置・再舗装が完了していました。

Img_84412<品川駅4番線 中程 4/5>
4番線ホーム(アクリルフェンスの向こう側)で
夜間に行われているホーム再舗装は、
仮囲いを撤去して行っているようで、
3番線ホーム(写真の手前側)の床面についても、以前のタイル貼りからアスファルトに変わっていました。

Img_84372<品川駅4番線 中程 5/5>
4番線側では、スピーカー・照明器具の再設置も始まっていました。
(照明器具については、まだ未点灯の状態でした)

  
続いて、4番線ホームの田町寄りを。 

Img_842422<品川駅4番線 田町寄り 1/4>
ホーム田町寄りでも、笠石の設置・再舗装が完了していました。

Img_84252<品川駅4番線 田町寄り 2/4>
列車が止まらない範囲については、固定柵が設置されました。

Img_84272<品川駅4番線 田町寄り 3/4>
4番線ホームの田町寄りには、工臨機関車用の信号機が設置されました。

Img_84282<工臨機関車用信号機 拡大>
現時点では、未使用を示すバツ印が取り付けられている状態です。
よく見ると、ATOS用の出発時機表示器も、真横を向いた状態で設置されていますね。

Img_83652<品川駅4番線 田町寄り 4/4>
北乗換通路から見た、
新駅側に曲がっていく新4番線の線路。
既に、架線工事・軌道工事は終わっているようです。
  

Img_84302<仮囲い予定線 1/2>

Img_84312<仮囲い予定線 2/2>
この他、3・4番線ホームでは、
今年秋に行われる切換工事後に行われる、3番線ホーム側の閉め切りに備えて、
ホーム床面に、仮囲いを設置する予定線が罫書きされていました。


続いて、山手線電留線の撤去の様子について

Img_84012<山手線電留線の様子 1/3

Img_84062<山手線電留線の様子 2/3>
7月上旬頃から撤去が本格化し、
8/13現在、終端部まで線路が残っているのは2線のみになりました。

Img_84092<山手線電留線の様子 3/3>
保守用車両の格納庫は、まだ残っています。

Img_83982

Img_83992
電留線跡地には、短く切断されたレールと、PCマクラギが積み上げれていました。


続いて、北口広場建設の様子と、それ以外の駅構内改良の様子を。

Img_83852<人工地盤の鉄柱 1/2>

Img_83872<人工地盤の鉄柱 2/2>
前回の調査から3ヶ月が経ち、
北口広場の人工地盤のための鉄柱は、一部では線路を跨ぐようになりました。
この付近は、今後、どんどん景色が変わっていきそうですね。

Img_837822<上屋切り下げ 1/3>
11・12番線ホームの新橋寄りでは、北口コンコース・北口広場建設に備えて、
コンコース広場と干渉する上屋の、切り下げ工事が進んでいます。
  
I期改良工事で作られた背の高い上屋の下に、
仮設の上屋を支えるための鉄骨が組みあげれていました。

Img_83812<上屋切り下げ 2/3>
照明器具や駅名標も、既に低い方の鉄骨から吊られている状態でした。

Img_83842<上屋切り下げ 3/3>
9・10番線ホームの新橋寄りでも、上屋の切り下げ工事が始まっていました。
11・12番線ホームの新橋寄りと同様に、
照明器具などは、既に仮上屋の鉄骨から吊られている状態でした。
  

また、上記の北口コンコースの整備と関係したものかは不明ですが、
北乗換通路と9・10番線を繋ぐ階段(またはエスカレーター)が増設されるようです。

Img_83722<北側乗換通路での階段(?)増設 1/3>
現在、北乗換通路と9・10番線は、
階段とエスカレーター1基(時間帯によって運転方向変わる)で繋がっていますが、

Img_83712<北側乗換通路での階段(?)増設 2/3>
既存の階段・エスカレーターの真正面の壁が撤去され、
仮囲いに置き換わっている状態です。

Img_83762<北側乗換通路での階段(?)増設 3/3>
東西自由通路から確認すると、
壁が撤去された位置に、新しい鉄骨が繋がっていました。
  
現時点では、階段かエスカレーターかは不明ですが、
鉄骨の幅は、ちょうど2人用エスカレーターにぴったりのように見えますね。


続いて、高輪ゲートウェイ駅と3本の新線の様子を、田町寄りから載せていきます。

Img_83042<新線工事 田町寄り 1/2>
京浜東北線北行新線の立体交差は、
田町側のアプローチ部分のみ軌道工事が未着手でしたが、バラストが敷かれていました。

Img_83052<新線工事 田町寄り 2/2>
TC型省力化軌道となっている新線ですが、
3ヶ月のうちに、てん充材の注入が終わっていました。

Img_83062<新線脇 保守用側線工事 1/2

Img_83072<新線脇 保守用側線工事 2/2
新線の立体交差の脇に設置された保守用側線ですが、
本線との間に、営業列車との接触を防止するためのフェンスが設置されていました(上写真、赤矢印)。

  
高輪ゲートウェイ駅の様子を。

Img_83372<高輪ゲートウェイ駅 1/5>

Img_83592<高輪ゲートウェイ駅 2/5>
まずは駅の全景から。
駅舎を覆っていた足場はすっかり解体され、駅舎の様子がよく見えるようになりました。

Img_83582<高輪ゲートウェイ駅 3/5>
駅舎の北側で行われている仮デッキと階段の工事ですが、一部では屋根の工事が始まっていました。
駅舎と同じ、特殊な布による屋根のようです。

 
2020年春の高輪ゲートウェイ駅の開業時点での、新駅付近の様子ですが、
港区ウェブサイトに掲載されている、港区都市計画審議会の議事録に情報がありました。

>2020年暫定開業時点では、まずデッキ等の設備が基本的にはございません。
>ただ、駅につながる部分につきましては、駅そのものが橋上駅になっておりますので、
>その部分を接続するための一部デッキはできますけれども、
>駅広等につきましては平地のまま整備されていない状況でございます。
(審議会委員からの質問に対する品川駅周辺まちづくり担当課長の回答より)
 
-引用元-
港区ウェブサイト 第240回港区都市計画審議会(平成31年1月31日)議事録 P21より
https://www.city.minato.tokyo.jp/toshikeikaku/kankyo-machi/toshikekaku/kekaku/documents/310131gijiroku240.pdf

 
2020年春の仮開業時点では、
本設のデッキは存在せず、駅広場も整備されていない状態で、
駅から地上へ降りる、写真 "3/5" の仮デッキのみが存在する状態になるようです。
 

Img_83502<高輪ゲートウェイ駅 4/5>
京浜東北線ホームには、6月頃にホームドアが設置されました。

Img_835122<高輪ゲートウェイ駅 5/5>
山手線ホームには、7月頃にホームドアが設置されました(写真奥側)。
また、7月の調査時には見落としていましたが、京浜東北線ホームの上屋も、
山手線ホームと同じ、ソーラーパネルと一体になっているタイプのようです。
 

Img_83602<謎の作業構台 1/3>
駅舎のすぐ南側には、芝浦・港南側へと繋がる歩行者専用道の桁が、早くも設置されていました。
車内からでは遠く、幅も分かり辛いですが、幅は11メートル程度だそうです。
(上写真、見辛いですが青矢印の部分)
  
-参考-
JR東日本 都市再生特別地区(品川駅北周辺地区)都市計画(素案)の概要 6ページ
https://www.jreast.co.jp/press/2018/20180923.pdf

Img_83482<謎の作業構台 2/3>

Img_83232<謎の作業構台 3/3>
また、歩行者専用道の桁とは別に、新駅のホーム南側を覆うように、
謎の作業構台が整備されていました(写真 "1/3" と "2/3" の赤矢印)。
  
この作業構台の正体は不明ですが、歩行者専用道に関連するものである可能性が高そうです。
(桁の組み立てがこの作業構台で行われる…?)
 

Img_83142<新線工事 品川寄り 1/6>
高輪ゲートウェイ駅の南側でも、
新線のTC省力型軌道へのてん充材の注入が終わっていました。

Img_83162<新線工事 品川寄り 2/6>
新線の品川駅近くでは、北口広場の人工地盤に使用される部材がいくつも用意されていました。

Img_83172<新線工事 品川寄り 3/6>

Img_83192<新線工事 品川寄り 4/6>
3本の新線については、いずれも、架線が張り終わった状態でした。

Img_83942<新線工事 品川寄り 5/6>

Img_836422<新線工事 品川寄り 6/6>
品川駅のすぐ北側では、
山手線の引き上げ線が撤去された跡に、外回り新線が通る位置にバラストが撒かれていました。


今回の品川駅・高輪ゲートウェイ駅周辺の様子は以上となります。

今年秋に行われる予定の切換工事ですが、
「秋」ということは9~11月のどこかで実施されるはずで、そろそろ発表があってもおかしくなさそうです。
(4番線の工事の状況からして、9月は無さそうですね、10月 or 11月?)
  
次回のレポートは、切換工事の1ヶ月前~2週間前頃を予定しています。

 
記事内で触れるところが無かったので、最後になってしまいましたが、
品川駅と高輪ゲートウェイ駅の間を東西に跨ぐ、「環状4号線(港南~高輪間)」について、
事業に着手する旨が、7/29に発表されています。

東京都 建設局,都市整備局 環状第4号線(港南・高輪)の事業に着手します(2019年07月29日)
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/07/29/03.html


-オマケ-

Img_83453
車両基地の月見留置線に、相鉄直通用に増備されたE233系7000番台が疎開していした。
11/30頃まで限定の、珍しい光景ですね。
  

Img_84352
4番線の仮囲いに、しばらく前から、
品川駅改良工事のお知らせにそっくりな「アクアパーク品川」の公告が、
工事のお知らせと並べて掲示されています。
  
斬新なアイディアの公告ですね。すごいです。

|

« 2019.08.11~12 草津温泉旅行 | トップページ | E259系でもホームドア対応改造実施 »

コメント

アップありがとうございます。品川駅改良工事レポート楽しみに見させてもらっています。
ずいぶん進みましたね。切り替えの告知、なかなかでませんね!!
京急は、電留線跡地と、田町寄りは側線跡地を譲り受けるのでしょうかね。

投稿: 通天丸 | 2019年8月21日 (水) 01時00分

久しぶりのすいごうさんのレポートを読んで、気持ちが晴れたような気がしました。
品川駅での線路切り替えは、年内に実施されるとしたら、10/12~14の三連休か、もしくは
11/2~4日の3連休か、日程的に最後となるなら、11/23・24の2日間しかないものと思われます。
このような大規模な線路切り替えは、JR東日本としても、のるかそるかの大難工事でしょう。
楽しみと同時に、どんな混乱が起きるか、心配にもなってきました。
もうすぐですね、よろしくお願いいたします。

投稿: 鉄道マニアより | 2019年8月21日 (水) 14時06分

三連休となると、10月12日か11月2日からですね。
楽しみです。

投稿: 高輪住民 | 2019年8月21日 (水) 14時32分

京急の改造工事、田町寄りは、同一平面に引き上げ線2線確保のため、現在の下り線トンネルの位置を
2線分横にずらす必要があるため、200メートルほどトンネル新設が必要なようですね。大工事になりそうですね。

投稿: 通天丸 | 2019年8月24日 (土) 10時46分

15番線でも地味に工事が進んでいますね。
田町寄りの端が仮囲いで覆われているほか、ホームがゴム板?で覆われている範囲も広がってきました。
横須賀線上空は人工地盤の範囲ではないので、何なのか気になります。

投稿: あああ | 2019年8月27日 (火) 20時00分

15番線の新橋寄りの工事、あれは一体何なんでしょうね…。

駅改良工事と関係があるかが分からなかったので、
今回の記事では取り上げませんでしたが、本当に気になりますね。

投稿: すいごう | 2019年8月30日 (金) 01時45分

線路切替工事に大変関心が有ります。まず、品川方京浜東北北行上り線を切替たとしても、田町方で山手線の内、外周り線を横切らなければなりません。暫定的にクロスポイントを入れる?⇒そんな事はしないと思いますが… いっその事一気に3線共全て品川、田町方同時に各3箇所、同時に6箇所の切替を行うのであれば納得出来ます。果たしてそのような大工事を、全線止め(東海道線はOK)て行うのかしら?早く工事内容が知りたいところです。何れにしても大きな代行輸送を実施しないと大混乱となりますね。

投稿: 興味屋 | 2019年9月 4日 (水) 17時19分

>興味屋さま
当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今年秋に行われる切換工事ですが、
3線同時の切換となることが既に明らかになっています。

日刊建設工業新聞ブログ 【プロジェクト・アイ】JR東日本品川新駅整備(東京都港区) 2018.09.07
http://nikkankensetsukogyo2.blogspot.com/2018/09/blog-post_11.html
>今後は19年秋に残り3本(京浜東北線北行き、山手線内、外回り)の線路切り替え工事を実施し


コメント欄で他の方も指摘されている通り、週末をフルに使った工事となる可能性が高く、
山手線・京浜東北線ともに大規模運休が発生することは間違いないでしょう。

投稿: すいごう | 2019年9月 6日 (金) 01時00分

暫定的にポイント入れるんじゃないですかね。
山手線は折返し設備があまりないから、止めるならほぼ全線運休とかじゃないですかね?
山手線全線で他社の代替輸送なんかしたらそれだけで数億円かかりそうだし、何か所かポイントを入れた方が安上がりな気がします。

あと、週末フルに大規模運休するならさすがにもう周知が出てないと遅すぎる気がします。

投稿: あああ | 2019年9月 6日 (金) 03時26分

すいごうさん ご回答有難うございます。3線同時切替が真実とすれば、近年まれにみる超大工事となりますね。それにしても あああさんの言われる通り、JR東日本さんんも随分のんきなものですね。京浜東北・山手線共に長時間の区間運休は、大変な事になりますね。

投稿: 興味屋 | 2019年9月 6日 (金) 09時31分

山手線の折り返しは何とかなるとして、京浜東北の田町以北の折り返しはどこでどのようにするのか?
興味津々です。
10月はもうないでしょうから、11月に決定ですか?

投稿: 匿名 | 2019年9月17日 (火) 14時34分

漸く、JR東日本から、山手・京浜東北線の田町~品川駅の3線同時移設の工事日程が発表されましたね。11/15(金)の終電後から、11/17(日)の始発までを運休して、移設する予定だそうです。これは、想像を超える難工事でしょう。更に詳しい発表が後日JR東日本からあるかと思えますが、品川駅乗り換えで、京急から羽田空港方面に向かわれる方などは、大変な影響をこうむるかと思われます。限られた時間で、こんな難工事が本当に可能なのか?見守るしかないですね。

投稿: 鉄道マニアより | 2019年9月17日 (火) 15時22分

11月16日と発表されましたね。
まさかの1日間、というか、日中切り替え。
驚きました。

投稿: 高輪住民 | 2019年9月17日 (火) 17時36分

山手内回り品川駅出発直後に45km/hの徐行区間が設定されています。
また内回りと京浜東北線北行の田町駅南、立体交差の地平部付近でも同様の徐行区間が設定されました。
線路切り替え箇所にあたる部分です。
なんらかの事前準備が始まるのでしょうか。

投稿: von Kimura | 2019年9月20日 (金) 07時38分

山手線内回り、品川駅先頭車両停止位置の20mほど田町駅よりのバラストが袋詰めバラストに交換されていました。
また、京浜東北線北行の立体交差北端付近にバラスト入りと見られるズダ袋が置いてあります。
京浜東北線北行の品川駅南側切り替え箇所に徐行45km/h標識が設置されています。
京浜東北線北行品川駅北に徐行区間終端を示す緑丸標識が設置されました。
今後、11月の切り替え工事に備えた準備が目に見える形で始まりますね。

投稿: von Kimura | 2019年9月24日 (火) 06時24分

>von Kimura様
いつも目撃情報ありがとうございます。

昨晩4番線ホームの様子を確認したところ、少し前に設置されたITVが稼働し、
ホームドア設置のための穿孔も進んでいるようでした。
あと約50日。待ち遠しいですね。

投稿: すいごう | 2019年9月25日 (水) 00時37分

京浜東北線北行も準備が進んでいますね。
山手線外回りも田町駅出発直後と品川駅到着前に徐行しています。
ここ最近外回り田町駅で到着から発車の時間に余裕があり、時間調整にしては毎回だったので不思議に思っていました。
徐行による遅れを事前に田町駅での待ち時間に組み込んでいたのだと思います。
徐行開始後は田町駅は到着後、待たずに発車しています。

投稿: von Kimura | 2019年9月26日 (木) 21時24分

田町寄りの京浜t北行き高架降り口のすぐ横の山手外回りにバラスト袋設置されたようです。
普通にみれば、不要撤去になる部分ですが、バラスト袋を設置したということは、京浜北行きの接続に転用するようですね。
同様に、半分内回りも転用すれば、京浜北行きは、新たな接続用線路を準備する必要はなくなり、京浜北行きに絡む当日の
線路撤去も不要となりますね。

投稿: 通天丸 | 2019年10月 4日 (金) 23時47分

旧留置線の最後の一線(京急側から4本目の留置線)も撤去されました。
また、11月の切り替え工事で線路の撤去対象箇所でのバラストの袋詰めも進んでいます。

投稿: von Kimura | 2019年10月 5日 (土) 10時14分

皆様、いつも目撃情報ありがとうございます。
目撃情報を追加しておきます。


・9月下旬~
ホーム・コンコースで案内サインの交換開始
https://twitter.com/LST_miury/status/1178679367724978176

・10/1終電後(10/2確認)
4番線の駅名標が「高輪ゲートウェイ」開業後に対応したものへと交換
https://twitter.com/LST_miury/status/1179392552186925057

・10/3(翌10/4に確認)
山手線電留線のレール撤去完了
https://twitter.com/LST_miury/status/1179958169700691969

投稿: すいごう | 2019年10月 6日 (日) 22時34分

田町寄り、高架の降り口あたりに、切り替え事前設置式の枕木が一組用意されているようです。
おそらく山手外回り用でしょう、近日中に設置されると思われます。

投稿: 通天丸 | 2019年10月14日 (月) 02時45分

山手線外回り田町駅南側、新線切り替え箇所が、長尺の合成枕木に交換されました。
また、同じタイプの枕木が多数用意されています。山手線内回りと京浜東北線北行も同様に交換されると思われます。
袋詰めバラストへの交換された箇所も増えています。

投稿: von Kimura | 2019年10月15日 (火) 20時34分

↑ 外回り交換されましたか!!
  内回り、京浜東北もやりそうですか、この2線は他の線と干渉しているので、
  いずれにしても、当日の線路移動作業は必要のはずですが、多少なりとも時間短縮になるということですかね。

投稿: 通天丸 | 2019年10月16日 (水) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019.08.11~12 草津温泉旅行 | トップページ | E259系でもホームドア対応改造実施 »