京浜東北線・山手線・総武緩行線 ホームドア設置状況

各路線の最新状況は、以下のページで更新中です。

京浜東北線…こちら
山手線…こちら
中央・総武緩行線…こちら

 
-更新履歴-
2022/04/11 [中央] 飯田橋駅での総合制御盤設置を追記、東中野駅の工事状況を追記
2022/05/07 [中央総武] 飯田橋駅の稼働時期を追記、新小岩駅での着工を追記
2022/05/16 [中央] 飯田橋駅でのホームドア設置を追記
2022/06/06 [中央] 飯田橋駅でのホームドア稼働を追記

|

2022年7月19日 (火)

八ッ場ダム観光(2022/05/24)

利根川の支流、吾妻川に建設され、2020年6月に竣工した八ッ場ダム。

Dsc039542

八ッ場ダムには、工事中に2回見学会に行きました(2017年8月2018年3月)が、
ダム湖に水が溜まるようになってからは、現地に行ったことがありませんでした。

5月下旬に現地へ行ってきたので、記事として残しておきます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年5月28日 (土)

浜松町駅京浜東北線南行ホーム 拡幅工事中(2022/05/22)

浜松町駅の4番線ホーム(京浜東北線南行ホーム)の拡幅工事ですが、
予定通り、5/21(土)の夜から5/23(月)の早朝にかけて実施されました。

Dsc0375322

遅くなりましたが、工事中の現地の様子をアップロードしておきます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年5月20日 (金)

品川駅改良工事と品川駅周辺の様子(2022/05/04)

品川駅で行われている工事と、品川駅・高輪ゲートウェイ駅周辺で進む工事の様子を、
ゴールデンウィーク中(5/4)に確認してきました。
取材から少し経ってしまいましたが、アップしておきます。
 

今回のレポート対象は、以下の通りです。

①固定柵の設置が進む旧2番線ホームの様子
②北口広場の人工地盤の様子
③JR品川駅で進む他の工事
④京急品川駅の地平化工事と品川駅西口再開発
⑤高輪ゲートウェイ駅周辺と、高輪築堤の様子
⑥高輪橋架道橋の現状

11003png
<品川駅周辺で行われている工事>
※クリックで、原寸大(1100x670)の画像を表示します(PNG形式 240KB)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

京浜東北線・根岸線 ホームドア設置状況(2022年度版)

京浜東北線・根岸線の各駅で行われているホームドア工事についてのまとめ記事です。

-過去記事-
車両側対応工事:2015年7月調査
2016年度 駅工事記録:4/29調査16年度工事まとめ記事赤羽駅ドア稼働記事(2017/3/25)
2017年度 駅工事記録:17年度工事まとめ記事
2018年度 駅工事記録:18年度工事まとめ記事
2019年度 駅工事記録:19年度工事まとめ記事
2020年度 駅工事記録:20年度工事まとめ記事
2021年度 駅工事記録:21年度工事まとめ記事


GW中に、京浜東北線の大宮駅・日暮里駅・鶯谷駅と、
根岸線の石川町駅・山手駅・根岸駅・磯子駅・新杉田駅・洋光台駅の様子を確認しました。

 
まずは大宮駅の様子から。

Dsc034702<大宮駅 ホームの様子>
大宮駅では、2番線ホーム大船寄りのごく一部を除き、
笠石の復旧が完了していました。

Dsc034742<大宮駅 ホーム下の様子>
ホーム下については、これからケーブルラックの設置が行われるようです。

大宮駅の京浜東北線ホームは、着工した際のプレスリリースでは、2022年度末の稼働予定となっていました(参考URL)が、
2022年4月のプレスリリース(参考URL)では、22年度の稼働駅に含まれていませんでした。
プレスリリースでは世界的な半導体不足について言及されており、それが影響した可能性がありそうです。

 
続いて日暮里駅の様子を。

Dsc034672<日暮里駅 9番線(南行)>

Dsc034652<日暮里駅 12番線(北行)>
大宮駅とは逆に、2023年夏の稼働予定が2022年度に繰り上がった日暮里駅ですが、
工事の進捗としては、ホーム端が覆工板に覆われた状態で、ホーム改良工事中の途中となります。
元々の稼働時期が2023年夏だったので、2022年のうちに稼働する可能性は低いのではないでしょうか。

 
続いて、鶯谷駅の様子を。

Img_451022<鶯谷駅1番線(北行)>

Img_45182<鶯谷駅4番線(南行)>
仮囲いに掲示されたお知らせより2022年末稼働予定だったと思われる鶯谷駅ですが、
大宮駅と同様に、2022年度の稼働駅には含まれていません。
復旧された笠石の様子から、スマートホームドアが設置されるようです。

Img_45192<鶯谷駅 工事のお知らせ>
工期については、今のところ「2022年末」までとなっていました。

 
続いて、根岸線石川町駅の様子を。

Dsc034752<石川町駅の様子 1/2>

Dsc034802<石川町駅の様子 2/2>
石川町駅では、2番線(北行)ホームの笠石が覆工板に置き換えられていました。
1番線(南行)ホームについては、特に変化はありませんでした。

Dsc034782<石川町駅 工事のお知らせ>
工期は2023年2月中旬までとなっていました。
(2022年度の稼働駅に石川町駅は含まれていないため、実際の稼働時期はそれよりも遅くなるでしょう)

 
続いて、山手駅の様子を。

Dsc034822<山手駅>
山手駅では、今年の3月25日にホームドアが稼働しました。

 
続いて、根岸駅の様子を。

Dsc034912<根岸駅>
根岸駅では、2番線(北行)ホームの笠石が覆工板に置き換えられていました。
1番線(南行)ホームについては、特に変化はありませんでした。

Dsc034862<根岸駅 工事のお知らせ>
工期は2023年3月までとなっていました。
石川町駅と同様に、実際の稼働時期はそれよりも遅くなるでしょう。

 
続いて、磯子駅の様子を。

Dsc034972<磯子駅>
磯子駅では、2番線(南行)ホームの大宮寄りから、笠石が覆工板に置き換わり始めていました。
1番線(北行)ホームについては、特に変化はありませんでした。

Dsc034942<磯子駅 工事のお知らせ>
工期は2023年7月までとなっていました。

Dsc035052、ホームドア運搬台車>
磯子駅のホーム脇にある保守基地には、ホームドア運搬台車が留置されていました。

 
続いて、新杉田駅の様子を。

Dsc035112<新杉田駅 大宮寄り>

Dsc035162<新杉田駅大船寄り>
新杉田駅では、1番線(南行)ホームの大宮寄りから笠石の復元が始まっていました。
2番線(北行)ホームについては、覆工板に覆われた状態です。

Dsc035152<新杉田駅 工事のお知らせ>
工期は2022年10月までとなっていました。
石川町駅・根岸駅と同様に、実際の稼働時期はそれよりも遅くなるでしょう。

 
続いて、洋光台駅の様子を。

Dsc035202<洋光台駅>
洋光台駅では、1番線(南行)ホームの北寄りから、笠石が覆工板に置き換わり始めていました。
2番線(北行)ホームについては、特に変化はありませんでした。

Dsc035212<洋光台駅 工事のお知らせ>
工期は2023年7月下旬までとなっていました。

 
このほか、港南台駅、本郷台駅、大船駅についても確認しましたが、
いずれの駅もホームドア工事と思われる工事は行われていませんでした。


★京浜東北線・根岸線 ホームドア整備年度まとめ(稼働順) 2022/5/07更新★

・2016年度(1)
赤羽駅(2017/3/25稼働)

・2017年度(5)
さいたま新都心駅(9/23稼働)、浦和駅(10/21稼働)、上野駅(12/20稼働)
大井町駅(2018/2/14稼働)、鶴見駅(2018/3/03稼働)

・2018年度(8)
桜木町駅(8/10稼働)、有楽町駅(9/26稼働)
御徒町駅(12/12稼働)、品川駅南行(5番線)(12/15稼働)、東神奈川駅(12/27稼働)
秋葉原駅(2019/2/13稼働)、王子駅(2019/2/20稼働)、南浦和駅南行(1番線)(2019/2/23稼働)

・2019年度(11+南浦和北行)
西日暮里駅(4/12稼働)、川口駅(6/15稼働)、西川口駅(7/20稼働)
大森駅(9/23稼働)、神田駅(10/23稼働)
横浜駅(11/13稼働)、蒲田駅(11/22稼働)、北浦和駅(12/7稼働)、新橋駅(12/23稼働)
南浦和駅北行(4番線)(2020/2/08稼働)、蕨駅(2020/2/29稼働)
高輪ゲートウェイ駅(2020/3/14開業)

・2020年度(7+品川北行)
品川駅北行(4番線)(4/25稼働)、東京駅(5/24稼働)
関内駅(11/18稼働)、東十条駅(11/28稼働)、与野駅(12/09稼働)
新子安駅(2021/1/24稼働)、上中里駅(2021/2/03稼働)、川崎駅(2021/3/21稼働)

・2021年度(2)
田端駅(2022/3/8)、山手駅(2022/3/25)

・2022年度(1)
日暮里駅(時期不明)

※日暮里駅の稼働時期は、JR東日本のプレスリリースより(2022年4月5日発表)
https://www.jreast.co.jp/press/2022/20220405_ho01.pdf

・稼働時期繰り下げ(2)
鶯谷駅大宮駅(当初の稼働時期…2022年度末)

※大宮駅の当初の稼働時期は、JR東日本のプレスリリースより(2020年7月16日発表)
https://www.jreast.co.jp/press/2020/omiya/20200716_o02.pdf

・時期不明
着工済(5)…石川町駅、根岸駅、磯子駅、新杉田駅、洋光台駅
未着工(5)…浜松町駅、田町駅、港南台駅、本郷台駅、大船駅


下線駅…スマートホームドア設置駅

| | コメント (6)

2022年5月 3日 (火)

浜松町駅京浜東北線南行ホームの拡幅工事(2022/04/30)

5月下旬に、約30時間かけてホーム拡幅工事が行われる予定の、
浜松町駅の京浜東北線南行ホーム。

工事が3週間後に迫った4月末に、現地の様子を確認しました。

Dsc0343532

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年4月28日 (木)

銚子電鉄の変電所更新と車両の様子+銚子観光(2022/04/23)

GW1週間前の4/23(土)に、銚子電鉄を訪問してきました。
銚子訪問は、2018年のゴールデンウィーク以来、約4年ぶりになります。

Dsc032882

銚子電鉄の笠上黒生変電所は、設備の老朽化が進む一方で、
更新に多額の費用がかかることから、費用確保のための様々な努力(映画作成など)が話題になっていましたが、
ついに設備が更新されたそうなので、新しくなった変電所と、あわせて車両の様子を確認してきました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年4月11日 (月)

中央・総武緩行線 ホームドア設置状況(2022年度版)

中央・総武緩行線で行われているホームドア工事のまとめ記事です。

 
-過去記事-
車両側:E231系500番台三鷹車E231系0番台三鷹残留編成
2018年度 駅工事記録:18年度工事まとめ記事
2019年度 駅工事記録:19年度工事まとめ記事
2020年度 駅工事記録:20年度工事まとめ記事
2021年度 駅工事記録:21年度工事まとめ記事


【2022/06/06更新】

飯田橋駅のホームドアですが、予定通り6/5(日)の初電から使用が始まりました。

Dsc042622<飯田橋駅>

中央・総武緩行線で今年度予定されているホームドアの稼働は飯田橋駅のみで、
ホーム改良工事が終わっている東中野駅や、施工中の稲毛駅・千葉駅などは、
追加の発表がなければ、2023年度以降の稼働になりそうです。


【2022/05/16更新】

5/15(日)に、飯田橋駅の様子を確認しました。

Dsc_07782<飯田橋駅>
飯田橋駅では、予定通り5/12(木)に2番線ホーム(三鷹方面)へ、
5/13(金)に1番線ホーム(千葉方面)へホームドアが設置されました。

Dsc_07802<搬送用連結治具>
設置から日が浅いため、搬入時にスマートホームドアに取り付けられて左右の戸袋筐体を繋ぐ、
「搬送用連結治具」(上写真の銀色の部品)は、まだ取り付けられた状態でした。


【2022/05/07更新】

GW中に、飯田橋駅と新小岩駅の様子を確認しました。

まずは飯田橋駅から。

Dsc_07342<飯田橋駅 ホームの様子>

Dsc_07332<飯田橋駅の稼働日ポスター>
飯田橋駅では、ドア設置日・使用開始日についてのポスターが掲示され、
2番線ホーム(三鷹方面)には5/12(木)に、1番線ホーム(千葉方面)には5/13(金)にホームドアが設置され、
6/05(日)より使用開始が予定されているとのことです。
 

続いて新小岩駅について。

Dsc035952<1番線(三鷹方面)>

Dsc035942<2番線(千葉方面)>
新小岩駅の各駅停車ホームで、ホームに改良工事のための書き込みが確認されました。
今のところホーム上に仮囲いはなく、工期は不明です。


【2022/04/11更新】

4/10(日)に、飯田橋駅と東中野駅の様子を確認しました。

まずは飯田橋駅の様子から。

Dsc032342<飯田橋駅 三鷹寄り>
飯田橋駅の三鷹寄りに、総合制御盤が設置されました。
 

Dsc032312<2番線 総合制御盤>

Dsc032302<1番線 総合制御盤>
総合制御盤と一緒に、乗務員用のドア部分が設置されていました。
中央・総武緩行線のホームドア工事では、ここが総合制御盤と同時に設置されたケースは初ではないでしょうか。
 

Dsc032332<飯田橋駅 ホーム>
飯田橋駅でのホームドア使用開始は夏頃ということで、
すでにホーム削孔も終わっているようでした。
 

続いて東中野駅の様子を。

東中野駅は、2020年度に着工した際の「工事のお知らせ」によれば2021年度までの工期となっていましたが、
2021年4月6日にJR東日本より発表されたホームドア整備計画(PDF)では、同年度の稼働駅には含まれず、
2022年4月5日に発表されたホームドア整備に関するプレスリリース(PDF)でも、2022年度の稼働駅には含まれていませんでした。

Dsc032152<東中野駅 1番線>

Dsc032142<東中野駅 2番線>
東中野駅での工事進捗状況ですが、
ホーム改良工事が終わり、ホーム削孔位置のケガキ線の記入まで進んでいました。
 

Dsc032232
ホーム下のケーブルキャビネットも完成していますが、ケーブル通線は行われていませんでした。

Dsc032202
1番線(三鷹方面)・2番線(千葉方面)ともに、P0地上子(車両・地上間の連携用地上子)は未設置でした。

いつ頃撤去されたかは不明ですが、ホームに仮囲いが見当たらないこと、
4月5日のプレスリリースに「世界的な半導体不足の影響により、使用開始予定は変更となる場合があります」との記載があることから、
工事はいったん中断されており、ホームドア稼働は2023年度以降となる可能性がありそうです。


★中央・総武緩行線 ホームドア整備年度まとめ(稼働順) 2022/06/06更新★

・2020年度(6)
千駄ヶ谷駅(6/13稼働)、信濃町駅(6/22稼働)、代々木駅(7/07稼働)
亀戸駅(10/18稼働)、小岩駅(11/01稼働)、市ヶ谷駅(2021/3/06稼働)

・2021年度(6)
錦糸町駅(4/03稼働)、浅草橋駅(4/26稼働)、西船橋駅(6/12稼働)
大久保駅(11/21稼働)、下総中山駅(12/20稼働)
水道橋駅1番線(三鷹方面)(2022/2/12稼働)、水道橋駅2番線(千葉方面)(2022/3/18稼働)

・2022年度(1)
飯田橋駅(6/5稼働)

・着工済み(4)
東中野駅、新小岩駅、稲毛駅、千葉駅

※下線駅…スマートホームドア設置駅

| | コメント (0)

2022年3月20日 (日)

羽田空港アクセス線 田町駅引き上げ線使用停止(2022年3月ダイヤ改正)

羽田空港アクセス線建設のため、田町駅の山手線引き上げ線が廃止されることになり、
田町駅の南側では、代替となる2022年後半より渡り線の新設工事が行われてきました。
 
2022年2月に夜間試運転が行われ、渡り線の使用開始時期が注目されていましたが、
同年3月のダイヤ改正で使用開始となり、あわせて引き上げ線が使用停止となりました。
改正後の引き上げ線の様子を、3/13(日)に確認しました。

以前の記事:2020年12月2022年2月
 

【田町駅の引き上げ線と羽田空港アクセス線の関係】

Img_00313
東海道線と羽田空港アクセス線(大汐線)を結ぶ地下トンネルおよびアプローチ線を建設するため、
田町駅の山手線の引き上げ線を廃止し、「山手線外回り線」「京浜東北線南行」「東海道上り線」を順次移設して、
東海道線の上下線の間に、1線分のスペースを確保する計画となっています。

» 続きを読む

| | コメント (1)

2022年2月24日 (木)

浜松町駅京浜東北線南行ホームの拡幅工事(2022/02/20)

昨年末頃より、浜松町駅の近くで確認されていた正体不明の軌道新設工事ですが、
2月15日に、JR東日本より、浜松町駅の京浜東北線南行ホームの拡幅工事であることが発表されました。

Img_42412
今回の発表によると、浜松町駅の北口東西自由通路・橋上駅舎の整備にあわせて、
混雑緩和のために浜松町駅の4番線ホーム(京浜東北線南行ホーム)が拡幅され、
京浜東北線南行の線路約442メートルが東海道線側に移設されます。

切換工事は、5/21(土)の22時頃から5/23(月)の初電までの約30時間にかけて行われ、
悪天候などで実施できない場合は、7/2(金)から7/4(月)に実施されるとのことです。
 

2/20(日)に現地の様子を確認したのでアップします。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年2月22日 (火)

高輪橋架道橋 西側の切り替え(3回目)実施後の様子(2022/02/20)

高輪ゲートウェイ駅や泉岳寺駅の近くに位置し、高輪地区と港南地区を結んでいる「高輪橋架道橋」。

Dsc015832

2021年の5月6月に、高輪寄り(西側)が地上の仮通路に切り替えられましたが、
2022年2月4日に、仮通路がさらに切り替えられました。

以下の写真の赤い線が、新しい仮通路の位置になります。
地下トンネルとして残っている港南寄り(東側)は、引き続きそのままとなっています。

Dsc0304632

切り替え後の様子を、2月20日(日)に確認しました。

» 続きを読む

| | コメント (1)

«羽田空港アクセス線 田町駅付近の様子(2022/02/13)