« 青い色のなのはな | トップページ | ついに捕捉 »

2007年2月18日 (日)

束あれこれ

ここ数日のJR東日本の車両の動きと、判明した今後の動き。

その1、201系関連
 
No.01
先日、中央線から京葉線に転属した201系10連は、16日から運用を開始した。京葉線の201系では唯一の貫通10連となる。
No.02
中央線から京葉線に、さらにもう1本転属する可能性あり。今度も10両貫通編成。205系の玉突き目的と思われる。問題は、その205系がどこに転出するかということ。

 
その2、205系関連
 
ケヨ23のサハ2両が習志野へ回送されたが、残りの8両が大宮へ入場した。今後、武蔵野線への転用改造を受ける。

 
その3、鉄道博物館関連
 
No.01
大宮に留置されていたクハ103-713(元京葉線・スカイブルー)が解体された。正面のみ残っているので、鉄道博物館にてカットモデルとして展示されるはず。
No.02
勝田車両センターの訓練車(485系4連)が郡山へ廃車回送された。今後、先頭車と中間車が1両ずつ整備され、鉄道博物館で展示される。残る2両は解体。

 
その4、内房線関連
 
千葉動労はJR東日本に対し、
内房線でのワンマン運転の考えはあるのか
と質問した。千葉支社の返答は、
いろいろと検討はしていると思う。
とのこと。将来的には、末端区間でワンマン運転だろうか。
ソースはこちら(日刊 動労千葉 2007年2月13日 No.6145)。
http://www.doro-chiba.org/nikkan_dc/n2007_01_06/n6415.htm

 
その5、仙台関連
 
No.01
早売りの鉄道ファン4月号によれば、仙台地区の455・717・417系などの国鉄車は、すべて置き換えられる。栓抜きさようなら。
E721系の投入先は、0番台が東北・常磐・仙山線。500番台が仙台空港アクセス線。
E721系0番台は、39編成(78両)が製造される。
No.02
磐越西線の455系は、719系で置き換えられる。現状、719系で運転されている列車の一部をE721系で置き換え、磐越西線へ転用。

|

« 青い色のなのはな | トップページ | ついに捕捉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 束あれこれ:

« 青い色のなのはな | トップページ | ついに捕捉 »