« なんじゃこりゃー | トップページ | テストオワ(ry その3 »

2007年3月 6日 (火)

常磐緩行へE233

ついにプレスが来ました。
常磐緩行線(東京メトロ千代田線直通)に新型電車を導入-E233系直流電車-
http://www.jreast.co.jp/press/2006_2/20070303.pdf

中央線に投入されている車両との相違点は以下の通り。
 
・先頭車は衝撃吸収構造ではなく、通勤タイプに。
・ドア上のLCDは、1枚に(中央線向けは2枚)。

投入両数は180両。置き換えるのは、203系と207系のみ。
209系1000番台の京葉転属が無くなったことで、今後の京葉線への転入車両は209系500番台のみに。
中古車センターにすらなりきれない京葉線が哀れですなぁ。

 
次のプレスはコレ
会社設立20周年を迎えて
http://www.jreast.co.jp/press/2006_2/20070304.pdf

いろいろ楽しげな企画をやってくれるみたいですねぇ。この忙しい受験シーズンに。
 
・新幹線スタンプラリー
・200系新幹線1編成を国鉄色に復元
・新幹線開業イベント
 
新幹線スタンプラリーなら、受験が終わってから行けそう。
はやて・やまびこエリアは小山まで行けばいいけど、こまちエリアの方は、一番近くて雫石かぁ。無賃乗車多発の悪寒。いや、ウチは絶対にしませんけど。

その他、身近な点
ベンチ、待合室の整備
津田沼は関係なさそうだけど、一応。どうでもいいけど、待合室の整備のところに「E電区間」の記述がw 公式で「E電」て書いてあるのは初めて見た。
 
優先席吊手の取り替え
E233系のように、高さを低くした吊革への取り替え。対象は通勤形車両なので、総武緩行線も対象。今の吊革の記録をしておかないと。
 
自動放送の整備
横須賀線・総武快速線と緩行線が対象。緩行線についても「E231系 等」などと書いてあるので、209系500番台も自動放送化の模様。さらば肉声放送。
 
ドアの一部開扉機能の整備
成田駅での常磐快速線E231系のように、長時間停車中は、4扉中3つのドアを締め切るようにする。
対象は、東海道・宇都宮・高崎・湘南新宿ライン・総武快速・横須賀・常磐の各線。
E231系近郊形やE531系なんて、半自動機能を使えばいいと思うんだけど。やはり首都圏では、半自動ドアの普及は難しいのか。
E217系(総武快速・横須賀線)のみ、2011年度までの整備になってるのは、E217系の車両更新工事と同時に施工するせいかと思われる。

|

« なんじゃこりゃー | トップページ | テストオワ(ry その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常磐緩行へE233:

« なんじゃこりゃー | トップページ | テストオワ(ry その3 »