« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月25日 (火)

154

最近、自分のデスクトップPCが安定しているので、またノートパソコン欲しい病が再発してきました。大学のキャンパスの大半で無線LANが使えるってのも、病気に拍車をかけている気が。
以下、本題。

 
さて、「人を呪わば穴二つ」ということわざがありますが、リアルで自分に降りかかってまいりました。

ウォール街、プギャー(AA略。サブプライムやらデリバティブやらCDSで自滅w
とか思ってたら、先日、こんな記事が新聞に。

 
駒大、資産運用損失154億円 キャンパス担保で穴埋め
http://www.asahi.com/business/update/1119/TKY200811180350.html?ref=goo

「駒沢大学(東京都世田谷区)が資産運用で始めたデリバティブ取引で、150億円を超える損失を出していたことが18日分かった。損失穴埋めのため今月、キャンパスの土地建物やグラウンドを担保に多額の銀行融資も受けている。大学側は事態を重く見て、17日付で調査委員会を設置。文部科学省も報告書の提出を求めた。
 
世界を覆う金融危機の影響が、大学経営にまで広がった。大学の説明によると、問題のデリバティブ取引は、主に金利などを交換する「金利スワップ」と「通貨スワップ」の2種で、昨年度、外資系金融機関2社と契約したという。契約額は、日本円で約100億円だった。少子化で学費などの収入減が見込まれるため、「実のある資産運用をするべきだ」と始めたという。経理担当者が窓口となり、大学理事会も了承した。
 
ところが、昨年後半以来の金融危機などで時価が一気に値下がり。今年3月末の昨年度決算時点で、評価損は53億円を超えた。その後も含み損は増え続けたため、結局、先月で取引を解約、損切りすることに決めたという。確定した損失額は約154億円。
 
穴埋めのため、大学は今月2日の臨時理事会で、みずほ銀行から110億円の融資を受けることを決定。不動産登記簿によると、大学本部にほど近い深沢キャンパスのほか、世田谷区内にある野球部グラウンドなど複数の土地建物を共同担保に、4日付で120億円の根抵当権が設定されている。 」
 

以下略
(青字部分、11/19のアサヒコムの記事から引用)

 
金を増やそうとしたら借金が出来ました。その借金は借金で返しました。担保はキャンパスと学校の土地です、って感じか。はいはいわろすわろす。
11/25時点で、学生への説明などは全く無いですね。

一体、これからどうなるのやら。何事もなければいいですが、これだけの損失を出して何も起きないわけがないでしょう、常識的に考えてw
はぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

オータム明け

オータム明けの今日、起きたのはなんとびっくり17時過ぎでしたとさ。連日、2時寝4時起きだったとはいえ、ここまで寝るとは自分でもちょっと想定外。明日は仏教のテストなんだが…w

 
初めてのオータム終了ー。
と同時に、恐ろしく影の薄かった、某団体さん演劇の照明チーフも終了。

初めてチーフやっって思ったけど、やっぱり相当今後のためになったと思う。先方との交渉・打ち合わせとか、現場での指示出しとかシュート指示とか。
 
とは言え、オータムの他の現場をほとんど見てないので、来年が不安と言えば不安ですが。

 
公演に使われた、談話室の卓周りの写真でもどうぞ。

Img_02072照明卓。
 
 
 
 
 

大容量の電源設備がない、ごく普通の談話室での公演のため、灯体の数も限られてきます。照明卓用の電源も確保出来るか微妙だったので、電源がいらない卓を借りて使用。

Img_02132オペ中。
(※ヤラセ)
 
 
 
 

先輩に撮ってもらったヤラセの一枚。まさか、本番中に撮るわけにもいかないので。まぁ、だいたいこんな感じ。
 
本格的な卓とかを見たい場合は、「デンビ」でググると幸せかも。

Img_02112音響卓
 
 
 
 
 

全く分からない音響卓。こっちは、借り物ではない…はず。

 
オータム3日間通しての感想。
人間、眠いと意識のないうちに電車を乗り換えることが出来るんですね…。

 
完全に別件ながらも、知り合いが来てたとは…。ある意味、オータム一のサプライズ。
 
携帯の着信見た時に、なんでAoからこの時間に…?と、かなり謎だったけど、家に帰って合点がいった。15時前後って言うと、第一回公演と第二回公演の間なので…、多分、オペ席で休んでた時かと。
繋がらなくてさーせん。
 
屋台関係…なのかな?

 
最後に。
 
2年の先輩(だったっけ)が、
「オータムを楽しいと思えたら、あと3年間デンビでやっていくことが出来ると思います。」
みたいなことを仰ってたんですが、まさにその通りだな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »