« MM'205-44の行方 | トップページ | 寝過ぎ »

2009年6月 4日 (木)

MM'205-44が長野へ配給

6/03に、モハ205-44とモハ205-44が長野総合車両センターへ配給輸送されました。6/02のゆうマニ送り込みの写真も撮ってあるので、合わせてどうぞ。
 
タイトルに「MM'205-44」が3連続。なんというストーカー状態w

 
とりあえず、本題に入る前にMM'205-44の履歴をさっらとおさらい…しようと思ったんですが、元ケヨ23の転属歴をまとめるのがあまりにも面倒で挫折。
簡単に言えば、ケヨM66編成(武蔵野線)が横浜線に転属する時に、サハ2両(T29・T30)を組み込んだために余剰になったモハ2両ってこと。

余剰のMM'205-44は、京葉区の留置スペースの関係から、3/26に幕張車両センターへ疎開回送。
その後、5/28に長野への配給に備えて京葉車両センターへ回送。

以下、送り込みと配給の写真。

 
Img_092422009.06.02
配9781レ
新習志野
EF64-36+マニ50-2186(ゆうマニ)

カマとゆうマニの送り込み回送。平日の真っ昼間だけあって、新習志野の同業者は自分含めてたった3名でした。

 
以下、配給当日(6/03)。
配給本番だけあって、平日昼間にもかかわらず結構な人数が…。10人は下らなかったような。

Img_0938222009.06.04 12:30頃
配9780レ
新習志野
 
 

編成は、前からEF64-36+マニ50-2186+モハ204-44+モハ205-44でした。

Img_094122後ろから
 
 
 
 

機関車込みで4両ってのは、首都圏ではやけに短く感じます。

 
~車外編~

Img_09542MM'205-44ユニットの検査表記
20-9 大宮総合車セ
 
形式 モハ204
自重 30.2t
 
 
 
 
 

ちなみに、MG搭載モハの自重は34.4tで、SIV搭載のモハ204の自重は33.3tらしいです。

Img_094722モハ205-44(右)とモハ204-44(左)の連結面
 
 
 
 
 
 
 

幕張留置の頃と変化無し。
 

Img_09562M205-44の屋根上の様子
 
 
 
 

中央本線の狭小トンエル対策で、パンタグラフは丸ごと撤去済み 。
 

Img_094922ゆうマニとEF64-36の連結面
 
 
 
 

ブレーキホースが1本のみ。
 

Img_096822ゆうマニとモハ204-44の連結面
(西船橋)
 
 
 

連結器(のブレーキ管)+ジャンパ線2本。ジャンパ線は、ブレーキの制御用かな?
ここら辺の技術的な部分はよく分からんわ。

 
~車内編~

Img_094322モハ205-44の車内
 
 
 
 
 

M205-44の車内には、交換前のケヨ34編成のスカートが積み込まれていました。
 

Img_094422同じく、モハ205-44の車内
優先席区画
 
 
 

座席が外されて床に置かれている(放置されてる?)

一部で「座席が撤去されてた」って書かれてますけど、新習志野でチェックしたところ、モハ205-44の優先席区画以外の座席は全てそのままの状態でした。

 
~オマケ~

Img_095122『そろそろ剥がしたら?』
と、思わずツッコみたくなりましたとさ。
 
 
 

去年の10/07に、新秋津~長野間で八王子支社の訓練車(103系2両)が甲種輸送された時の甲種輸送票が、そのままの状態で残ってました。

 
この配9780レなんですが、西船橋で停車してくれるお陰で帰宅途中にもう一回撮れるという、なんともありがたい列車でした。

Img_09722西船橋にて
 
 
 
 
 

長野へ配給されたMM'44ですが、到着翌日の6/04には、早くも廃車置き場へ移動したとか。1~2週間後くらいにはバラバラになってそうな予感。

おしまい。

|

« MM'205-44の行方 | トップページ | 寝過ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MM'205-44が長野へ配給:

« MM'205-44の行方 | トップページ | 寝過ぎ »