« 習志野運輸区レポ(2011/06/05) | トップページ | 「生徒会の一存」の車内広告 »

2011年6月18日 (土)

Windows VistaマシンのXP化

ゼミの用事で、大学で長時間PCを使うことが日常化しています。
 
大学での作業用のノートPCとしては、Eee PC 900HA(2009年3月購入)を既に持っているんですが、
CPUがAtomで重たい作業には不向き、画面が8.9インチと小さく、長時間の作業やエクセルの表計算がものすごくやりづらい…という状態。

新しいPCを買うのは金銭的に論外なので、
昔、妹が使っていて、今は誰も使っていないSHARP PC-WE50Wを転用することにしました。
これなら、液晶も15.4インチと大きいですし。

 
★以下、本題★
 

ところが、OSがWindows Vistaで動作が鈍いという欠点が…。
無駄に添付されてる使わないソフトも多く、削除しても起動は遅いまま…。
面倒なんで、Windows XP化することにしました。

 
~XP化に必要なもの~
・単体のWindows XP(今回は、家で余ってたWindows XP Professionalを使用)
・XP用の各種ドライバ
・ある程度の知識

 
★ドライバの準備
→デバイスマネージャから調べると、使われている機器の型番が分かるので、ググってドライバをダウンロード。
XP用のドライバは結構見つかりやすいです。

 
・プロセッサードライバ
AMD(AMD Mobile Sempron 3400+)なんで、とりあえずAMDのサイトからダウンロード。

・チップセット(ATI Radeon Xpress 1100)
AMDのサイトから、Disply DriverとCCCのセットをダウンロード。
→最近のCatalyst10台や11台だとインストールに失敗し、2009年の9.1で成功しました。

・有線LANドライバ
Realtekのものが使われていたので、当該の型番から検索してダウンロード。

・無線LANドライバ
デバイスマネージャから「Atheros AR5006EG」が使われていると分かったので、
それ用のドライバをダウンロード。
→インストーラ付きではないので、導入には若干手間取りました。

・オーディオ(Realtek製のチップ)
定番のメーカー。ドライバの確保も楽勝。

・タッチパッド…Synaptics製
こちらも定番のメーカー。確保は楽勝。

 
このほかにも搭載されてるチップはありますが、
正直なところ、上記以外のチップの機能は使わないので省略しました。
そのせいで、デバイスマネージャには『?』マークが出たままですが、実用上問題は無いです。
PCカードスロット・SDカードスロットがXP標準ドライバで動くのは意外だったかも。

ちなみに、以上6つのドライバを確保するのに、1時間半ほどかかりました。

 
★前準備
万が一、上手くいかなかった時に備えて、
今回は、あらかじめHDDを別のもの(これも家で余ってたもの)と交換してから作業を行いました。
これなら、最悪失敗してもHDDを戻せばVista環境は戻ってきますし。

Img_59472 <交換風景>

 
★OSのインストール
この機種には光学ドライブがあるので、インストールは比較的やりやすい方。
ドライブにWindows XPのインストールディスクを入れて、あとは通常のインストールの手順を踏むだけ。

OSインストール終了後は、まずDisplay Driver&CCCとプロセッサードライバを一番最初に入れて、きちんとした解像度の環境を確保。
その後、オーディオ→有線LAN→無線LANの順にドライバを導入。
 
有線・無線LANのドライバが導入できたところで『成功した!』って思いましたね。
ネットに繋がれば、あとはどうにでもなりますし。
 
ネットに繋がるようになった段階で、OS絡みのアップデート・SP3の適用・セキュリティソフト(MSE)のインストールをしました。
 
この後、officeなどの各種必要ソフトをインストール。
たいぶ断片化が進んだので、ここで一端デフラグをかけました。
その後で大学で使うデータとかをコピーして、水曜日から大学に常駐させています。

 
★現状
VistaからXPに変えてからは実に快適。
メモリが2GB積んである機種なので、XP化した現在はメモリが余りまくってる状態に。
 
15.4インチの液晶のお陰で、エクセルでの表作成も楽勝です。
多少手間はかかりました(ドライバ確保~一通り環境を整えるのに7~8時間は費やした)が、
XP化してとても満足してます。

 
★参考数値
Vista時代…デスクトップの画面表示まで1分30秒、安定するまで2分20秒
XP化後…ようこそ画面まで…ようこそ画面まで40~50秒、デスクトップ表示まで45~50秒、安定するまで1分10~20秒

 
★感想
ダメ元だったけど、意外と何とかなった。
やればできるじゃん!っていう感じです。

|

« 習志野運輸区レポ(2011/06/05) | トップページ | 「生徒会の一存」の車内広告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows VistaマシンのXP化:

« 習志野運輸区レポ(2011/06/05) | トップページ | 「生徒会の一存」の車内広告 »