« 亀戸天神・スカイツリー散策 | トップページ | 2012年春の臨時列車まとめ »

2012年1月 7日 (土)

CPUクーラー換装

今のCPU(AthlonX2 5050e)に使ってるクーラーがAMDのリテールなんですが、
使用開始から2年半が経ち、時々、低い異音がするようになってきたので、
別のクーラーに換装してみることにしました。


換装したのは、『手裏剣 リビジョンB』。
1月3日のPCデポで、正月特価で1970円でした。
秋葉原でも2500円とかのクーラーなんで、いい買い物でした。

 
本来ならCPUクーラーを換装するだけなんですが、
ちょっと前に、マザーのリテンションキットが壊れてしまったので、
クーラー交換のために、リテンションキットも交換することに。
買ったのはアイネックスの汎用品(BM-AM2)で、確か、Amazonで880円だったような。

 
~用意したもの一覧~

Img_74042 
グリスは、たまたま家にあった銀グリスを使用。
手裏剣 リビジョンBにも付属してはいるんですが、どうせなら高級品を、ってことで。

 
CPUクーラー換装 ~そしてスッポンへ~

Img_74062 
まずは、CPUクーラー外さないと、リテンションキットも交換できないよねー。
ってノリでクーラー外したら、案の定スッポン。
 
ベンチを走らせても40℃ちょっとまでしか上がらないCPUなんで、
交換の際のスッポンを覚悟してはいたんですが、実際にやってしまうとやはりびっくり。
オマケにピンも何本か曲がったんで、シャープペンの先でちまちま直しましたとも!
(1本直しきれなくて、半ば無理矢理ソケットに填めましたが…)
 

Img_74082_2<リテンションキット交換前>
A7GM-Sのデフォルトのリテンションキットは黄色。
右下には、この時点ではまだスッポン状態を直してない5050eがちらっと写ってますw

Img_74112<交換後のアップ>
アイネックスのリテンションキットは黒。
黄色が黒に変わると、マザーに雰囲気が変わりますねー。
まるで高級品のようw

 
この後、手裏剣 リビジョンBを装着。
AM2ソケットへの取り付けクリップは堅めでしたが、取り付け時の手応えナシよりは安心できます。

Img_74122<装着後>
リテールのクーラーよりファンの直径が大きくなったので、静音化が期待できますね。

 
この後、再び起動。
スッポン&ピン曲げをやらかしたんで、ちゃんと動いてくれるかが心配でしたが、
きちんと起動してくれました。よかったよかった…。
 
クーラーからの音も、アイドル時にはそれと分からないくらい静かになってますね!

 
新クーラーの性能チェックってことで、OCCTを走らせてみました。
自分の環境では、1時間のエンコとかは絶対やらないんで、テスト時間は30分に短縮してあります。
(チェックの時間が待ちきれなかっただけ、とも言う…)

2012010720h10core_0<コア1>

2012010720h10core_1<コア2>

あくまでソフト読みではありますが、高負荷時も40℃に達するか達しないかのレベル。
交換前より、2~3℃は下がっているようです。

 
結論:いい買い物でした。


~スペックまとめの更新~

【CPU】AthlonX2 5050e (2.6Ghz)
【Cooler】手裏剣 リビジョンB
【Memory】Nanya Technology DDR2 PC2-5300 1GB×4枚
【M/B】FOXCONN A7GM-S (AMD 780G)
【VGA】オンボード
【SSD】Crucial C300 64GB(システム用)
【HDD】Hitachi GST HDT721010SLA360(1TB・データ用)
【Drive】LITEON iHBS112-29(BDドライブ) 
【Case】ドスパラ BLケース
【Power】HEC WIN POWER 550W(HEC-550TE-2WX)
【Display】Acer X193W
【OS】Windows 7 Professional 32bit

他、地デジチューナー=バッファロー DT-H10/U2、USB3.0拡張ボード=バッファロー IFC-PCIE2U3S


購入日=1月3日
交換日=1月4日
記事アップ日=1月7日

|

« 亀戸天神・スカイツリー散策 | トップページ | 2012年春の臨時列車まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CPUクーラー換装:

« 亀戸天神・スカイツリー散策 | トップページ | 2012年春の臨時列車まとめ »