« 習志野運輸区レポ (2012/05/19) | トップページ | 2012.05.22 スカイツリー開業 »

2012年5月20日 (日)

大宮総合車両センター観察(2012/05/20)

面白いものが大宮総合車両センターに留置されているとのことで、ちょっと行ってきました。
ついでに、疎開中の205系の様子もチェック。

Img_78622<大宮総合車両センター>
5月2日に、要部検査のために大宮総合車両センターに入場したマリ507編成ですが、
サハ2両を抜かれて3連化されていました。
手前側から、「クモハ211-3038+モハ210-3038+クハ211-3038」です。
所属標記は、3両とも「千マリ」のまま。

(停車位置の関係で、クモハ211のど真ん中に架線柱が…)

Img_78572 
抜かれたサハ2両ですが、3両のすぐ近くの、屋根付きの留置線に留置されていました。
手前が「サハ211-3075」で、奥側が「サハ211-3076」でした。

Img_78603<サハ211-3075のアップ>
ちなみに、抜かれたサハ2両ですが、2両とも検査を受けており、床下機器は綺麗な状態でした。
上の写真はサハ211-3075の妻面・台車付近のアップですが、
台車は、綺麗に塗装された検査後のものを履いています。

このことから、マリ507はすぐに豊田区に転属するわけではない…と思われます。
すぐに転属なら、サハの検査をする必要は無いですし、そもそも、3両とも所属標記が「千マリ」のままなので。
完全な推測ですが、3連で一旦出場して、豊田区へ回送される可能性もあるのではないかな…と。

まぁ、入れ換えの関係で、一時的に3連に組成された可能性もありそうですが。
組成の状態から、あと数日で出場のようなので、その日が楽しみです。


4月7日にも取り上げた、工場南側に留置されている205系ケヨ1・ケヨ5編成の様子も見てきました。

Img_78672<総合車両センター南側の留置線>
4月に、東大宮からこの場所へ回送されて以降、全く動きなし。
「工場に入場した」と言うよりは、「疎開場所が変わっただけ」と考えた方が良さそうですね。
広く見える東大宮も、検修庫の建設や651系の疎開であまり余裕は無いのでしょうか?

 
大宮観察レポは以上、ここまで。

|

« 習志野運輸区レポ (2012/05/19) | トップページ | 2012.05.22 スカイツリー開業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大宮総合車両センター観察(2012/05/20):

« 習志野運輸区レポ (2012/05/19) | トップページ | 2012.05.22 スカイツリー開業 »