« E217系クラY-2編成 東海道線に再転用 | トップページ | 大崎駅 ホームドア工事レポ(2012/11/02) »

2012年10月31日 (水)

品川駅改良工事レポ (2012/10/29)

10月6日に訪問してから約3週間経ったので、工事の様子を見に行ってきました。

※訪問日=10月29日
  アップ日=10月31日

 
これまで経過をアップしていた11・12番線ですが、
工事が終わって、目立った変化が見られなくなったので、今回は写真を省略します。
恐らく、今後も同じようになるでしょう。

Photo 
いろいろ描き足した、品川駅構内の自作絵。ペイントとJTrimだけでもここまでできる。
クリックで拡大します。別タブか別窓で表示させておくと、レポートが分かりやすくなるかもしれません。

 
今後は、8番線と11番線から観察した、9・10番線(工事中)の様子のまとめが主な内容になりそうです。
今後、一番工事が進むと思われるのは新留置線付近ですが、品川駅のホームからはあまり観察できないのが痛いですね。

 
今回は、10番線川崎寄りの様子からスタート。

Img_98712<11番線から撮影>
前回(6日)観察時には、営業中の頃と変わらなかった10番線の川崎寄りですが、
使用停止から1ヶ月が経ち、解体が始まっていました。
照明機器や案内板などが撤去されていす。

Img_987322 
同じく10番線、さらに川崎寄りの様子。

東京寄りは完成形の10番線ですが、川崎寄りはこれから変化するので、
川崎寄り先端部のみ線路が撤去されました。

10番線の線路は、これまで9番線寄りに曲がり、
ダブルスリップスイッチとシーサスクロッシングを通過してから下り本線に向かう配線でしたが、
工事後は、11番線の先に見えているポイント(写真の赤矢印)に、直接接続することになります。
だいぶシンプルな配線になりますね。


続いて、10番線中程の様子を。

Img_98692<11番線から撮影>
10番線の中程に、ホームの床が無い場所が出現しました。
9月の使用停止前から、この場所だけ仮設構造の床だったので、
元から、「使用停止後に撤去するつもり」だったようです。
 
何か、ここに設置するものでもあるのでしょうか…?


次は、8番線側から見た9番線の様子。

Img_987922<9番線東京寄り・8番線から撮影>
使用停止になった9番線は線路が撤去され、
工事用の鉄板が敷かれて、重機用の通路となっているようです。

Img_98802<8番線から撮影>
写真では分かりにくいですが、9番線は架線も撤去されています。

9番線の川崎寄りに移動します。

Img_98812<9番線の様子>
9番線を通行する工事車両と干渉するためか、
ホーム端のコンクリ板が撤去されている箇所もありました。

 
ここ3週間での主な変化はこれくらい…ですね。

今回は以上です。
しばらくは変化も少なそうなので、次回は1ヶ月後くらいを予定しています。


~オマケ写真~

Img_98852 
7・8番線の川崎寄りにある、シーサスクロッシング+ダブルスリップスイッチ。
配線好きとしては大好きな箇所ですが、構造の複雑さ故に、
次回の第3回切り換えで、ここのダブルスリップスイッチは消滅します。

|

« E217系クラY-2編成 東海道線に再転用 | トップページ | 大崎駅 ホームドア工事レポ(2012/11/02) »

コメント

自分も今日(11/4)に見てきました。

 10番線の中程にある「穴」ですが、本設の床を設置するための基礎(鉄骨)がしっかり組まれていました。他の部分と変わりはないようです。そこだけ仮設だった理由がわからないのですが。。。

投稿: ひろゆき | 2012年11月 4日 (日) 22時49分

連投すみません。
10番線川崎方の仮設ホームは、レールが残されている部分が多いことから仮設の部分を本設に換えるのみ(結果的には拡幅)で現在の形状とほぼ変わらないような感じがします。ただ、新連絡通路への階段(エレベーターかも)取り付けがあるのでそう簡単には終わらないと思います。
やるとすれば、川崎方先端部が9番線の方にカーブしているものを直線形状にするのではないかと思います(拡幅という形か取り壊し→新設のどちらかの方法で)。

もうひとつ。新連絡通路下は床の基礎が本設なのに床が板っぽいものが張られていますが、たぶんここは新連絡通路への階段がついてから床が本設のものになるんだと思います。

投稿: ひろゆき | 2012年11月 5日 (月) 00時59分

いつもコメントありがとうございます。

10番線の「穴」を、自分も7日に見てきましたが、あのまま塞がりそうな様子ですね。
一体、何のためにそこだけ仮設だったのやら…。

新連絡通路の真下の床についてですが、
ひろゆき様の仰る通り、床を支える鉄骨は本設のもので、床そのものは木製で仮設ですね。
新連絡通路のすぐ脇(東京寄り)に、どうやら9・10番線へのエレベータができるようなので、
エレーベータ工事の邪魔にならないように、床だけはすぐに撤去できるようになっているのでは…と推測しています。

投稿: すいごう | 2012年11月 8日 (木) 05時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 品川駅改良工事レポ (2012/10/29):

« E217系クラY-2編成 東海道線に再転用 | トップページ | 大崎駅 ホームドア工事レポ(2012/11/02) »