« 大宮総合車両センター 205系観察(2012/11/12) | トップページ | 大宮総合車両センター 205系・211系観察(2012/11/22) »

2012年11月24日 (土)

品川駅改良工事レポ (2012/11/21)

3日前(11月21日)、品川駅改良工事の様子を見てきました。
前回訪問は10月29日だったので、約3週間ぶりになります。

※訪問日=11月21日
    アップ日=11月24日

 
<自作構内図>

Photo 
※クリックで拡大します。別タブか別窓で表示させておくと、レポートが分かりやすくなるかもしれません。
 

まずは、10番線川崎寄りの様子からスタート。

Img_00612<11番線から撮影>
前回観察時(10月29日)には、屋根が残っていた9・10番線ホームの川崎寄りですが、
屋根が完全に撤去されていました。

Img_00642<11番線から撮影>
9・10番線ホームの川崎寄りのうち、10番線側の床は、鉄パイプと木で組んだ仮設構造でしたが、
そこも撤去が進んでいました。

Img_006322<11番線から撮影>
旧屋根と仮設ホーム部分が撤去された10番線の端。
 
仮設ホーム部分に架けられていた仮設屋根の柱の根本が、写真の赤矢印ですが、
既存のホームの土留め壁を壊して基礎が作られているんですね。
このあたりは、使用再開までに全て作り替えるつもりかもしれません。


続いて、10番線中程の様子を。

Img_00592<11番線から撮影>
前回、「ホームの床が無い場所が出現しました」と書いた箇所(前回の様子)ですが、
写真の通り、ホーム床を設置するための鉄骨が設置されました。
このまま、穴は塞がりそうな感じです。

いったい、何のための仮設構造だったのやら…。


撮影場所を変えて、8番線から見た9番線の様子へ。

最初は東京寄りから。

Img_00652<9番線東京寄り・8番線から撮影>
9番線の線路跡に建機を通すために、元9・10番線のホームの一部が切り開かれました。
そのうちに、ホーム自体の撤去も始まるでしょう。

Img_00672<8番線から撮影>
元9番線は、屋根の撤去が始まっています。
このあたりは、ホーム・屋根とも撤去されることになります。


9番線の中程へ移動します。

Img_00682<8番線から撮影>
9番線ホームの中程では、ホーム端の土留め壁の撤去が行われています。
 
元からあるホームを単純にかさ上げするのではなく、
ホーム端部の土留め壁を作り替えてから、かさ上げを行うようです。
元々の土留め壁はかなり古いものだったので、これを機に…といったところでしょうか。

Img_00742<8番線から撮影>
9番線ホームから発掘?された、もう使われていないパイプ。
土留め壁をいったん撤去したのは、このような不要物を新ホームに残さないため…という理由もありそうです。

 
ここ3週間での主な変化はこれくらい…ですね。
少しずつですが、着実に工事は進んでいました。

今回は以上です。
次回は…1ヶ月後くらいを予定しています。

|

« 大宮総合車両センター 205系観察(2012/11/12) | トップページ | 大宮総合車両センター 205系・211系観察(2012/11/22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 品川駅改良工事レポ (2012/11/21):

« 大宮総合車両センター 205系観察(2012/11/12) | トップページ | 大宮総合車両センター 205系・211系観察(2012/11/22) »