« ASUS VN248H 購入記録 | トップページ | ASUS VN248H アーム交換 »

2013年12月 2日 (月)

品川駅改良工事レポ (2013/12/02) 旧車両基地、完全に使用停止

11月の第3回切換工事後、留置車両が無くなっても入換信号機などが生き続け、
品川駅5~7番線を通して本線と繋がっていた、旧田町車両センターの「旧留置線」部分ですが、
本日早朝、品川駅7番線と共に使用が停止され、完全に機能を停止したようです。

今夜、様子を確認してきました。

Pc02169322<品川駅6・7番線東京寄りにて>
以前からの変更点を赤マルで囲ったものが下の写真。

Pc02169323 
7番線は東京方への出発信号機が撤去され、完全に使用停止となり、
6番線は田町区への入換信号機が使用停止となり、単なる副本線になりました。
(写真はありませんが、5番線の入換信号機も使用停止になっています。)

これにより、本線と繋がっている線路が無くなり、
「旧留置線」部分は、完全に使用停止になったと判断できそうです。

12月2日21時現在、「旧留置線」部分では、入換信号機や出発信号機などが「停止現示」で灯っていますが、
近いうちに電源が断たれ、撤去工事が始まるものと思われます。
 
今週以降、いよいよ撤去工事が本格化すると思われるので、今後も要観察ですね。

 
【参考】切換工事完了直後の、24日午後の様子。

Img_219523 
7番線から旧留置線に繋がる線路には車止めが置かれているものの、
7番線の出発信号機と、6・7番線の入換信号機自体は点灯しており、
「11/24~12/2早朝まで」は、写真左側の通路線と品川駅5~7番線を経由して、本線と旧留置線が出入庫可能だったことが分かります。

|

« ASUS VN248H 購入記録 | トップページ | ASUS VN248H アーム交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 品川駅改良工事レポ (2013/12/02) 旧車両基地、完全に使用停止:

« ASUS VN248H 購入記録 | トップページ | ASUS VN248H アーム交換 »