« 品川駅改良工事レポ(2014/07/12)+新資料 | トップページ | 東京総合車両センター一般公開(2014/08/23) »

2014年8月13日 (水)

品川駅改良工事レポ(2014/08/09)

前回の訪問(7/12)から1ヶ月経ったので、
8/9(土)に、改良工事の様子を確認してきました。

今回は新しい資料は無いので、7・8番線の様子をメインにまとめていきます。

Photo
※クリックで原寸大表示します※

 
まずは、いつも通り7・8番線の川崎寄りから。

Img_22112<7・8番線 川崎寄り その1>
この1ヶ月で、線路が敷かれてバラストが撒かれました。
ホームの屋根の工事も始まったので、かなり完成形に近くなってきた印象を受けます。

Img_22122<7・8番線 川崎寄り その2>
新階段をアップで。
作業用の足場が設置され、工事が本格化してきました。

Img_22292<7・8番線 川崎寄り その3>
新階段を逆側(6番線側)から。

こちら側から7番線を見ると、工事用の鉄板が敷かれたままの様子が見えるので、
9番線側から8番線を見た時の印象とは真逆の「まだまだ工事中」という印象ですね。
使用開始時期が違うので、当然と言えば当然ですけど。

Img_220922<7・8番線 川崎寄り その4>
7・8番線の川崎寄りにある新分岐機と8番線の線路ですが、
バラストはまだ「撒いただけ」の状態のようですが、線路そのものは既に繋がっていました。


続いて、ホーム中程の様子へ。

Img_22062<7・8番線 中程 その1>
8番線の中程は、(工事中のホーム本体を除いて)かなり完成形に近くなりました。

Img_22272<7・8番線 中程 その2>
7番線側は、川崎寄り~中央付近まで、新しい土留めが完成していました。

Img_22242<7・8番線 中程 その3>
東京寄りの階段跡付近~中央付近は、古い土留めのままです。
土留め付近のホーム盛り土が撤去されている点も、1ヶ月前から変化無しです。

Img_22262<7・8番線 中程 その4>
新しい土留めと、元からある土留めの接続地点は、ホーム中程にある階段付近です。
古い土留めが綺麗に切断されていることから、
東京寄りの階段跡付近~中央付近までは、古い土留めがそのまま再使用されそうです。


続いて、東京寄りの様子を。

Img_21972<7・8番線 東京寄り その1>
まずは、9番線から見た新8番線の様子を。

屋根の骨組みが完成し、ホームの上には屋根となる鉄板が運び込まれていました。
1ヶ月空けると、工事がかなり進みますね(7/12の様子)。

Img_21982<7・8番線 東京寄り その2>
再設置が行われている東京寄りの階段は、鉄骨の設置が進んでいました。

Img_22182<7・8番線 東京寄り その3>
上2枚とは逆の、6番線側から見た7番線の様子。
川崎寄りと同様、7番線側は工事用重機ための鉄板が敷かれた状態です。


最後に、旧地下通路への階段跡の様子を。

Img_22012<9番線からの様子 その1>
旧地下通路への階段跡ですが、既にほぼ塞がれた状態でした。
7月下旬頃には塞がれた…らしいです。

Img_22022<9番線からの様子 その2>
わずかに残った、ホーム下の隙間の処遇が気になりますね。

Img_22032<9番線からの様子 その3>
今のところ、完全に塞がれていない状態なので、
地下通路の蛍光灯がちらっと見えている状態です。

Img_22222<6番線からの様子 その1>
6番線側から見ると、ここに開口部があったことが想像できないくらいまで工事が進みました。
(同じ場所の1ヶ月前の様子

Img_22232<6番線からの様子 その2>
地下通路からのケーブル立ち上げ部周辺は、仮設の鉄パイプがそのままの状態でした。
すぐ脇にはホームの床板が準備されているので、ここもそう遠くないうちに塞がれそうです。


今回の品川駅改良工事レポートは以上です。

次は、9月上旬~中旬頃に訪問するつもりです。


-番外編-

Img_22002<9番線から撮影>
旧田町区建物群の解体工事は急ピッチで進み、高輪方面のビル群が見えるようになっていました。

|

« 品川駅改良工事レポ(2014/07/12)+新資料 | トップページ | 東京総合車両センター一般公開(2014/08/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 品川駅改良工事レポ(2014/08/09):

« 品川駅改良工事レポ(2014/07/12)+新資料 | トップページ | 東京総合車両センター一般公開(2014/08/23) »