« 習志野運輸区レポ(2014/10/26) | トップページ | 品川駅改良工事レポ(2014/11/23) -第4回線路切換工事は12/6(土)深夜実施- »

2014年10月31日 (金)

品川駅改良工事レポ(2014/10/25) ※写真追加あり

前回のレポート正式版(9/20)から1ヶ月半ほど経ったので、
10/25(土)に、改良工事の様子を確認してきました。

少し遅くなりましたが、アップしておきます。

【追記 2014/11/1 23:40】
写真を1枚追加しました。

今回も、改良工事中の7・8番線の様子をメインにまとめていきます。

Photo
※クリックで原寸大表示します※

 
まずは、7・8番線の川崎寄りから。

Img_34542<7・8番線 川崎寄り その1>
8番線で敷設が進んでいた架線は、敷設が完了しました。
ホーム上の工事も進行し、時計や照明設備などの設置もかなり進んでいます。

Img_345822<7・8番線 川崎寄り その2>
川崎寄りに新設中の階段の工事も進み、
他のホームの階段と同様に、青い化粧板が貼られました。

Img_34592<9・10番線ホームにて>
1枚上の写真にも写っていますが、9・10番線ホームの案内板は、
「まだ」、JR東日本のコーポレートカラーの「緑色」のままです。
(ライナー時代の表記を隠しているシールが剥がれかけていますね…)

10/30に、縦貫線開業について正式な発表がありましたが、
各ホームの案内板が、縦貫線対応のものに交換される日が待ち遠しいです。

Img_34612<7・8番線 川崎寄り その3>
6番線側から見た7・8番線ホームの川崎寄り。
9月の訪問時には工事中だった7番線側にある柵周りも、コンクリ打ちが終わったようです。

Img_34622<7番線の架線の様子 その1>
12月の「第4次切換工事」以降も、工事中のままとなる7番線ですが、
川崎寄りのごく一部には、本線側から架線が伸びてきています。

工事が続いている7番線中程に通電しないよう、途中の碍子で絶縁されている状態です。
また、既に通電している部分には、作業中の事故防止のために黄色い絶縁カバーがかけられていました。

Img_346423<7番線の架線の様子 その2>
架線の終端部は、駅舎の鉄骨に仮止めされていました。
工事途中らしい光景ですね。


続いて、ホーム中程の様子へ。

まずは8番線側から。

Img_34502<8番線 中程 その1>
12月の使用再開に向けて着々と工事の進む8番線側ですが、
10月上旬には舗装工事も終わり、10/25の訪問時には照明設備の設置作業中でした。

今後も工事が続く7番線との仕切りフェンス設置も、着々と進行していますね。

Img_34512<8番線 中程 その2>
Suicaグリーン券売機の看板のある場所には、相変わらず何も設置されていませんでした。
看板が設置された以上、使用再開までには券売機が復活するとは思いますが…。

Img_34492<8番線 中程 その3>
ホーム中程にある階段では、エスカレーター設置工事が大詰めを迎えていました。
すぐ脇で行われている階段の工事の状態から、階段の幅は、削られた状態のままとなるようです。

Img_34482<8番線 中程 その4>
ホーム中程には、高所作業に使用する移動式の足場が置かれていました。

Img_34472<8番線 中程 その5>
旧地下通路への階段跡を塞いだ場所の工事はほぼ終わり、
非常用のステップが設置されていました。

 
続いて7番線側へ。

Img_34652<7番線 中程 その1>
8番線側で、照明設備や各種ケーブルの設置を行っているため、
ケーブルドラムや脚立などが多く置かれていました。

Img_34672<7番線 中程 その2>
工事が止まったかのような状態の7番線側。
仕切りフェンスが延びた…くらいの変化でしょうか。


続いて、東京寄りの様子を。

Img_34412<8番線 東京寄り その1>
8番線の東京寄りですが、ホーム中程や川崎寄りよりも若干進みが遅く、ホームの舗装はまだでした。
頭上のケーブルラック・照明器具などは設置済みです。

Img_34422<8番線 東京寄り その2>
8番線ホームは屋根が完成し、時計や照明器具の設置が進んでいました。
発車案内板も設置されましたが、まだ番線表示の「8」しか貼られていない状態です。

Img_34402<9番線ホームの様子>
隣の9番線では、縦貫線開業に向けた動きが確認できました。
営業列車の発車がないため、これまで発車案内板がなかった(新)9番線ですが、ついに設置されました。
8番線と同様、番線表示の「9」しか貼り付けられていません。

Img_34702<7番線 東京寄り その1>
新7・8番ホーム、東京寄りの階段の様子を6番線側から。

Img_34712<7番線 東京寄り その2>
ホームの7番線側は、東京寄りでも物置状態でした。

Img_34692<7番線 中程 その3>
7・8番線ホームの、改良部分(左)と既存部分(右)の接合場所。
1ヶ月前と比べてもほとんど動きがありませんし、
仕切りフェンスの設置以外は、このままの状態で12月の第4次切換を迎えそうです。


今回の品川駅改良工事レポートは以上です。
12月の第4次切換に向けて、かなり完成形に近づいてきましたね。

次は、11月下旬~12月上旬頃に訪問するつもりですが、
工事の進捗次第では、「簡易版」で速報をアップするかもしれません。

 
【2014/11/1 23:40 写真追加】

Dsc_0395_2014110122<夜の8番線の様子>
11/1の夜に品川駅を訪れてみたところ、8番線に設置された照明の使用が始まっていました。
やはり本設の照明は明るいですね。


-以下根拠のない予想-

Img_347222 
現在の工事の状況からすると、第4次切換で6番線が電撃移設されることは100%無さそうですが、
使用停止くらいならあり得るかも…?

6番線が使用停止となり改良工事に入ると「仮定」すると、
すぐ隣の7番線が使用再開とならない件について、納得のいく説明文が書けるのですけれども、さて…。

|

« 習志野運輸区レポ(2014/10/26) | トップページ | 品川駅改良工事レポ(2014/11/23) -第4回線路切換工事は12/6(土)深夜実施- »

コメント

おつかれさまです。

どうやら、12月7日より8番線使用再開および6番線使用停止となるようです。

よって、朝ラッシュ時の交互発着は異なるホームにより行われることになります。

投稿: 横須賀線ユーザー | 2014年11月22日 (土) 14時00分

行先案内板のテロップでは8日でしたが、ポスターによれば7日みたいですね。6番線を使用していた電車のみ8番線へ変更するようです。

昨日、工事の状況を見に行ったのですが、7番線のホーム端の溝状の掘り込みの中にコンクリートを流し込む型枠を組み立てていました。土留めが新しくなったところに接続されるように始まっており、中の鉄筋の高さからしてホームの土留めの可能性も。それ以外の大きな変化は見られませんでしたが、8番線にはすでに「東海道線 東京方面」の案内が貼られていました。

気になったのは6番線「東海道線 東京方面」の案内のが仮設のシールになっており、使用停止が控えているのにもか関わらず下になにか新しい表示が隠れているように見えました。オレンジ色だったので東海道線系統には間違いないようですが。

投稿: ひろゆき | 2014年11月23日 (日) 10時02分

>横須賀線ユーザー様、ひろゆき様

コメントありがとうございます。

お二人の情報を元に11/23に現地調査を行い、さきほど記事をアップロードしました。
すっかり遅くなってしまいましたが、目撃情報ありがとうございました。

投稿: すいごう | 2014年11月29日 (土) 04時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 品川駅改良工事レポ(2014/10/25) ※写真追加あり:

« 習志野運輸区レポ(2014/10/26) | トップページ | 品川駅改良工事レポ(2014/11/23) -第4回線路切換工事は12/6(土)深夜実施- »