« 除籍護衛艦「さわゆき」曳航(2015/05/29) | トップページ | 板橋駅 電留線整備工事(2015/06/20) ※追記あり »

2015年6月 9日 (火)

品川駅改良工事レポ+その他(2015/05/30)

6~7番線と新車両基地の周辺で進む、品川駅改良工事。
5/30時点の現地の様子をアップします。
前回のレポート(3/21)からは、約2ヶ月が経過しています。

 
今回は、以下の項目について記事にしています。

①改良工事中の6~7番線と5・6番線ホームの様子
②京浜急行線跡(未成立体交差)解体と、旧車両基地部分の様子
③新車両基地の未成部分
④高輪橋架道橋改良工事

00201gif 
<品川駅周辺で行われている工事>
※クリックで、別ウインドウに原寸大(1100x600)の画像を表示します(GIF形式 63KB)


まずは、改良工事中の6~7番線と5・6番線ホームの様子から。

Img_47662<6・7番線ホーム 川崎寄り 1/2>

Img_476322<6・7番線ホーム 川崎寄り 2/2>
7番線の川崎寄り~ホーム中程では、線路の敷設が始まっていました。
6番線側でも、ホーム端の土留め(ホームウォール)の設置が始まっています。

Img_47612<6・7番線ホーム 東京寄り 1/3>

Img_475822<6・7番線ホーム 東京寄り 2/3>

Img_47592<6・7番線ホーム 東京寄り 3/3>
7番線ホームでは、既設部分と移設(新設)部分の接続箇所付近で、ほとんど工事が進んでいない状態が続いています。
川崎寄りから敷設が始まっている線路も、ホームが未完成となるこの位置で途切れていました。

6番線ホーム側も、2ヶ月前から変化が無いようです。
施工順序の関係でしょうか?
 

Img_475222<6番線ホームの様子 北乗換通路より 1/2>
北乗換通路から見た6番線の様子。
ついに、屋根の一部が撤去されました。

Img_475422<6番線ホームの様子 北乗換通路より 2/2>
6番線ホームの様子をアップで。
改良工事が行われる6番線側のみ、屋根の撤去が行われているようです。

Img_475623<撤去工事 1/2>
これまで、ホームの屋根は両側にある鉄骨(赤マル)で支えられていましたが、
6番線側(写真右側)の鉄骨が、6番線ホームの改良工事に支障するため、
ホーム中央に新たに鉄骨(青マル)を設置し、屋根を仮支えしているようです。

Img_475722<撤去工事 2/2>
写真左上から伸びている屋根の梁を、新しく設置された柱と桁が支えています。
   

Img_4771225番線ホームの様子>
4番線ホームから見た5番線ホームの様子。

5番線ホームのうち、東京寄り階段から先の部分は7・8番線ホーム寄りに移設されることになりますが、
5/30現在、仮設化工事は行われていませんでした。


続いて、「京浜急行線」計画の未成立体交差跡と、解体が進む旧車両基地について。

Img_47502<12番線ホームから>
「京浜急行線計画」の未成線遺構のうち、解体されずに残っているの全体の1/3程度ですが、
5/30現在、解体されず健在でした。

Img_47752<旧車両基地解体>
一方、旧車両基地内の建物の解体はほぼ終わったようです。


続いて、新車両基地の未成部分について。

Img_474922<10番線ホームから撮影>
新車両基地で未成となっている「月見1~4番線」ですが、
引き続き工事が行われているようで、月見1~4番線の位置にユンボの姿が確認できました。
(月見5~8番線に列車が止まっていたため、10番線ホームからの写真です)


最後に、高輪橋架道橋改良工事の様子を。

00102gif
<高輪橋架道橋周辺での工事>
※クリックで、別ウインドウに原寸大(920x600)の画像を表示します(GIF形式 45KB)

Img_477722<高輪橋架道橋改良工事>
前回調査時よりも鉄骨が減って観察しやすくなりました。

車窓から見えるコンクリートは、開削工法で作られたトンネルの天井部分…のようです。
 
工事中の区間の前後が未施工のため、高輪橋架道橋に代わる道路トンネルの竣工はまだまだ先ですが、
開削工法のトンエルで、天井部分のコンクリートの打設が済んでいるということは、
トンネル部分の工事は大詰めを迎えているようです。

(参考:仙台市交通局HP(※pdf)-鉄道トンネルと道路トンネルの違いはありますが、開削工法の説明)


今回の品川駅改良工事レポートは以上です。

次回の調査も、1~2ヶ月後を予定しています。

|

« 除籍護衛艦「さわゆき」曳航(2015/05/29) | トップページ | 板橋駅 電留線整備工事(2015/06/20) ※追記あり »

コメント

6月19日現在、6番線側ホームの東京駅寄りがところどころ島状に残してあるものの、大部分が解体されていました。

投稿: ひろゆき | 2015年6月23日 (火) 18時28分

ひろゆき様、いつもコメント&情報ありがとうございます。

6番線ホーム東京寄りの解体工事が終わると、いよいよホームの工事ですね。
今後が楽しみです。

投稿: すいごう | 2015年6月25日 (木) 23時52分

立体交差構造物、先週再び足場のパネルが取り付けられました。
今見た所取り壊しているようです。
昨日から施工?

投稿: vonkimura | 2015年7月 7日 (火) 07時25分

vonkimura様、コメント&情報ありがとうございます。

未成線遺構ですが、先週中頃に盛土が抜かれて、
先週後半から、海側の擁壁の撤去作業が行われているようです。

恐らく、今週か来週には撤去作業が全て終わるのではないでしょうか。

投稿: | 2015年7月 7日 (火) 23時39分

こんにちは

立体交差構造物は山側の壁も取り壊しが終わったようです。
海側にコンクリート塊が積み上げられています。
遂になくなっちゃたんですね。

投稿: vonkimura | 2015年7月14日 (火) 07時13分

vonkimura様、コメントありがとうございます。

長いこと残っていた未成線遺構、解体が終わりましたか…。
情報ありがとうございました。

投稿: すいごう | 2015年7月14日 (火) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 品川駅改良工事レポ+その他(2015/05/30):

« 除籍護衛艦「さわゆき」曳航(2015/05/29) | トップページ | 板橋駅 電留線整備工事(2015/06/20) ※追記あり »