« 2015年 冬の臨時列車まとめ | トップページ | 「SHIRASE 5002」見学(2015/12/20) »

2015年11月 1日 (日)

東急田園都市線 宮前平駅ホームドア稼働(2015.10.31)

東急田園都市線 宮前平駅の下りホームで進んでいたホームドア工事。
10/31のドアの使用が始まったので、さっそく様子を見てきました。

田園都市線では、今のところ
 
①4扉車と6扉車(5000系)が混在している
②TASC(定位置停車装置)が設置された車両がない
 
状態のため、駅にTASC関連機器は設置されず、ホームドアも列車から離れた位置に設置されました。
これにより、ドア数が異なる車両に対応し、列車の停車位置がズレても乗降に支障が出ないようになっています。


【11/7追記 画像追加&補足】

Img_597232<宮前平駅>
ホームドア戸袋部の真ん中付近からホーム端にかけて、
養生が行われている(写真赤マルの部分)理由が気になっていましたが、

Img_597622 
ホーム下のケーブルラックからホームドアへ、各種ケーブルを引き込むためのケーブルルートのようです。
 
通常の位置にホームドアがある場合(山手線など)は、
ケーブルラックの直上にホームドアがあるため、このような処理は不要ですが、
宮前平駅ではケーブルラックの直上にドアがないため、このような処理が行われているようです。

|

« 2015年 冬の臨時列車まとめ | トップページ | 「SHIRASE 5002」見学(2015/12/20) »

コメント

ホームドアのそとが

投稿: なあらはま | 2024年3月24日 (日) 19時41分

ホームドアの外側が広いから京王線通り魔みたいな事件でずれてもドア開けて逃げられますね。

投稿: なあらはま | 2024年3月24日 (日) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東急田園都市線 宮前平駅ホームドア稼働(2015.10.31):

« 2015年 冬の臨時列車まとめ | トップページ | 「SHIRASE 5002」見学(2015/12/20) »