« 板橋駅 電留線整備工事レポ(2016/12/17) | トップページ | 2016.08.20~21 2016年夏 東北旅行2日目 »

2016年12月29日 (木)

2016.08.20~21 2016年夏 東北旅行1日目

2016年の夏期休暇。
今年は東北方面へ行ってきました。

1日目は家族と「リゾートしらかみ号」で五能線の旅、
2日目は家族と分かれて、乗りつぶし&オタク観光など。


Img_77342<東京駅>
旅の始まりは、いつも通り東京駅から。
「こまち9号」で、リゾートしらかみの始発駅である秋田駅を目指します。
 
秋田駅での乗り換えを標準乗換時間で済ませば、1時間後の「こまち13号」でも良かったのですが、
秋田駅の滞在時間がわずか9分になってしまうのも勿体ないなぁ…と思ったのと、
万が一の遅延対策として、少し早めの「こまち9号」をチョイス。

Img_77392<秋田駅>
約4時間かかる東京~秋田間も、家族とおしゃべりしながらだとあっという間でした。

Img_77442<秋田駅 1/2>

Img_77452<秋田駅 2/2>
秋田駅では「リゾートしらかみ5号」に乗り継ぎますが、先述の通り時間には余裕があるので、いったん駅の外へ。
喫茶店で休憩し、駅弁や飲み物を買い込んでから秋田駅へ戻りました。

Img_77542<秋田駅3番線>
今回乗車するのは、秋田駅を14:17に出発する「快速リゾートしらかみ5号」。
この日は、「くまげら編成」でした。

Img_775322 
秋田駅では、青池編成(初代)(現、クルージングトレイン)とも顔合わせ。

Img_776522 
先頭車のドアから乗車し、青森駅までの約5時間を過ごす2号車へ。

Img_77832 
リゾートしらかみの2号車と言えば、そう、このボックス席! 
今回は(珍しく)1人旅行ではないので、この機会を利用しました←

荷物を片付けたり駅弁を開けたりしているうちに、列車は秋田駅を発車。
青森駅までの長い旅が始まりました。

Img_77692
秋田駅を出た列車は、追分の先からは八郎潟干拓地を左に見ながら進みます。
眼前には、見たことのないような広さの水田が広がっていました…。

Img_77722<東能代駅>
八郎潟干拓地を過ぎて少しすると、列車は五能線の起点である東能代駅に到着。
ここまで奥羽本線を走ってきたリゾートしらかみ5号ですが、ここから先はいよいよ五能線です。

Img_77762 
くまげら編成が充当されるリゾートしらかみ号でしか見れない、東能代駅でのダブルくまげら編成。

東能代駅を出た頃には駅弁タイムも終わっていたので、
「2号車ボックス席」の本領を発揮させることに。

Img_77662 
このレバーを…

Img_77622 
説明の通りに動かして…

Img_78462 
こう!
 
見事なフルフラットに!
これで青森までの残り4時間もへっちゃらですよ!
(写真は青森駅到着後の撮影です…)

 
余談ですが、この日のこのボックス席はスライド機能の調子が悪かったらしく、
車掌さんに手伝ってもらいながらスライドさせました。
曰く、「この座席も、だいぶ古くなってきているので…」とのこと。

さらに余談ですが、2号車名物のBOX座席スライド機能ですが、
ハイブリッド編成(HB-E300系)の「青池編成(2代目)」「ブナ編成(2代目)」では、
2号車に9つあるBOX席のうち4つだけ(1番・2番・8番・9番)しかスライドしないんだとか。
いずれ他の編成に乗る機会があれば、気をつけないと…。
 

話を戻して、列車は五能線を北上していきます。

Img_77802 
BOX席の大きな窓(進行方向左側)からは綺麗な日本海が見え、

Img_77812
通路側の窓(進行方向右側)からは、世界遺産に登録されている白神山地が見えました。

BOX席の窓は勿論ですが、通路側の窓も大きいので、
左右両側の景色を一度に楽しむことができるのがいいですね。

Img_77892 
絶景ポイントでは徐行してくれるのもいいですね。
(写真は岩館駅~大間越駅間)
 

Img_78032 
深浦駅では、ブナ編成(2代目)が充当された「リゾートしらかみ4号」と交換しました。
 
2代目ブナ編成は、7/16にデビューしたばかりの一番新しい編成。
できれば、新しい「青池編成(2代目)」「ブナ編成(2代目)」に乗りたかったのですが、時間が合わず…。

Img_78132 

Img_78152<千畳敷駅付近>

Img_78192<鰺ヶ沢駅>
列車は、その後も絶景ポイントをいくつか通過し、鰺ヶ沢駅へ。
「リゾートしらかみ」と聞くと、日本海沿いをずっと走るイメージですが、
この先は内陸部へ入り、日本海ともこの付近でお別れです。

その鰺ヶ沢駅では、青池編成(2代目)が充当された「リゾートしらかみ6号」と交換しました。
これで、「リゾートしらかみ」に充当されている現役の編成は全て目撃したことに。
 

Img_78302<五所川原駅>
ここまで晴天だった天気も、近づく台風11号のせいで17時頃には雨がちに…。
もっとも、五所川原駅から先では綺麗な虹を見ることが出来ましたけど。

Img_78372<川部駅>
虹ではしゃいでいるうちに、列車は五能線の終着である川部駅に到着しました。
五能線、完乗!

Img_783922 
ホームの正面には、田んぼアートの宣伝が。
有名な田舎館村の田んぼアートは、この川部駅から車で10分程度の場所にあるんだとか。
知らなかった…。
 

Img_78442 
川部駅~弘前駅間では、日が沈んだ後の岩木山がきれいに見えました。

弘前駅で折り返すと、長かったリゾートしらかみ5号の旅ももう終盤。

Img_78492<青森駅>
弘前駅から約40分で、列車は終点の青森駅へ。

5時間の旅でしたが、家族と一緒なのであっという間でした!
(逆に、5時間1人ぼっちはかなり厳しいかも…)

 
リゾートしらかみ号ですが、今回乗車した、東京を出たその日に乗車して青森まで到達できる「5号」の他にも、
津軽三味線演奏や津軽弁「語りべ」実演のある「1号~4号」や、日本海沿いで日の入りが見られる「6号」があり、
同じ列車でありながら、異なる体験ができるそうです。
 
「いずれ、他のリゾートしらかみ号にも乗車してみたい」と思わせてくれる列車でした。
初代で終わらず、2代目のハイブリッド気動車が投入されるのにも納得です。
 

Img_78532 
青森駅構内の階段では青森・函館ディスティネーションキャンペーンの広告が圧倒的存在感を放っていました。

Img_78552 
この日の行程はここまで。

青森ベイブリッジを眺めつつ、タクシーを拾って「青森ワシントンホテル」へ向かいました。

 
2016年夏の東北旅行、1日目はここまで。
おやすみなさい~

2日目へ移動する

|

« 板橋駅 電留線整備工事レポ(2016/12/17) | トップページ | 2016.08.20~21 2016年夏 東北旅行2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016.08.20~21 2016年夏 東北旅行1日目:

« 板橋駅 電留線整備工事レポ(2016/12/17) | トップページ | 2016.08.20~21 2016年夏 東北旅行2日目 »