« 幕張車両センター一般公開「マリフェス2016」(2016/11/26) | トップページ | 2016.08.20~21 2016年夏 東北旅行1日目 »

2016年12月18日 (日)

板橋駅 電留線整備工事レポ(2016/12/17)

品川駅周辺の再開発に関連して、板橋駅で行われている電留線の新設工事(※)。
(参考:2015年6月の記事

12/17(土)に、現地の様子を見てきました。
前回のレポート(10/29)からは、1月半が経過しています。


※板橋駅 電留線整備計画

品川駅の山手線電留線(5線)の廃止に伴い、山手線車両を東京総合車両センターおよび池袋運輸区での留置とし、
池袋運輸区に留置されている埼京線車両を、板橋駅電留線(3線・新設)に移転する計画のこと。


まずは、電留線設置予定場所の様子から。

Img_91302<駅東側 電留線予定場所 1/7>
板橋駅の東側では、電留線の線路の敷設が始まっていました。
ブログ読者の方によると、線路の敷設は11月下旬から始まったそうです。

Img_91322<駅東側 電留線予定場所 2/7>
電留線の終端部付近は、アパホテルの北端部付近(ちょうどこのあたり)になる予定です。
路盤が掘り下げられて、何らかの基礎工事が行われていました。
車止めでしょうか?

Img_91342<駅東側 電留線予定場所 3/7>
板橋駅の電留線は3線設置される予定で、用地の幅に余裕の無いアパホテル脇は2線、
アパホテル南端部より南では3線となる予定です。

Img_91442<駅東側 電留線予定場所 4/7>
現在のところ、線路は2線分しか敷かれていませんが、
電留線の用地の隅には、大量のPCまくらぎが用意されていました。

Img_91362<駅東側 電留線予定場所 5/7>
12/17現在、電留線の線路は5号車付近から始まり、10号車付近でいったん途切れています。

Img_91382<駅東側 電留線予定場所 6/7>
線路はしばらく途切れた状態が続き、袋詰めのバラストや工事車両が置かれていますが、

Img_91392<駅東側 電留線予定場所 7/7>
その先の部分では、線路が敷設済みでした。
 

Img_91272<駅西側 保守用側線 1/2>

Img_91282<駅西側 保守用側線 2/2>
前回の訪問時には、鉄道クレーンや分岐器が確認できた駅西側の保守用側線ですが、
今回は、特に目立った物はありませんでした。


続いて、電留線に繋がる分岐器が設置された場所の様子を。

Img_91402_2 
本線上に挿入される分岐器は、3つとも設置が終わったようです。
 

板橋駅のホームからでは少し遠いので、作業場所近くの第二雲雀ヶ谷踏切へ。

Img_91512<第二雲雀ヶ谷踏切付近 1/4>
板橋駅から続く整備済みの路盤は、第二雲雀ヶ谷踏切の手前(写真右側)で途切れています。
踏切には、貨物線時代に使用されていた線路が残っていますが、
新しい電留線がこの遺構を再利用する可能性は低いでしょう。いずれ更新されると思います。

Img_91462<第二雲雀ヶ谷踏切付近 2/4>

Img_914722<第二雲雀ヶ谷踏切付近 3/4>
3線確保されている電留線の用地に、今のところ2線しか線路が敷かれていませんが、
残る1線の用地が工事車両の通路として使用されているため、後回しになっているようです。
路盤にはタイヤの跡がはっきりと。

Img_91482<第二雲雀ヶ谷踏切付近 4/4>
踏切より池袋寄りでは、整地作業が続いていました。
路盤構築の前に、ケーブル類などを埋め込んでしまうようです。
(写真奥側が池袋駅、写真手前が板橋駅および電留線です)
 

第二雲雀ヶ谷踏切からさらに池袋寄りに進み、東武鉄道北池袋駅脇にある、第一雲雀ヶ谷踏切へ。

Img_915422<第一雲雀ヶ谷踏切付近 1/2>
前回の訪問時には未設置だった、上り線から電留線へ進入する分岐器が設置されていました。
(写真奥側が板橋駅および電留線、写真手前が池袋駅です)

Img_91562<第一雲雀ヶ谷踏切付近 2/2>
上下線を繋ぐ渡り線ですが、上り線に続き、下り線(写真右側)にも分岐器が挿入されていました。
2つの分岐器同士は、まだ繋がっていません。
(写真奥側が池袋駅、写真手前が板橋駅および電留線です)


板橋駅で行われている、電留線整備工事の様子は以上です。
次回も、1~2ヶ月後を予定しています。

|

« 幕張車両センター一般公開「マリフェス2016」(2016/11/26) | トップページ | 2016.08.20~21 2016年夏 東北旅行1日目 »

コメント

こんにちは
板橋駅電留線工事は年末年始休でほとんど変化なしでしたが、最近工事再開のようです。
お正月に中の人と話をしましたが、線路敷設は遅くとも5月まで、そのあと電柱と架線工事。
また、2017年はATACS導入を進めるらしく地上信号機がなくなるようです。
そう言われてみると、埼京線E233系Tcの赤羽よりには新しいアンテナが2本追加され、屋根に7本もツノが生えてますね。

投稿: このHPを読んだ近隣住人 | 2017年1月18日 (水) 20時33分

このHPを読んだ近隣住人様、コメントありがとうございます。

電留線の線路敷設が遅くとも5月までに完了し、その後、架線柱・架線工事と進むとのことで、
しばらくは目に見える工事が続きそうですね。

それ以降に行われる信号機関連の工事は、
(電留線の使用開始が今秋のATACS化以降だとすると)外部からの確認が難しいかもしれません。

貴重な情報、ありがとうございました。

投稿: すいごう | 2017年1月20日 (金) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋駅 電留線整備工事レポ(2016/12/17):

« 幕張車両センター一般公開「マリフェス2016」(2016/11/26) | トップページ | 2016.08.20~21 2016年夏 東北旅行1日目 »