« 品川駅改良工事レポ(2016/11/23) -第5回切換工事完了- | トップページ | 板橋駅 電留線整備工事レポ(2016/12/17) »

2016年12月 4日 (日)

幕張車両センター一般公開「マリフェス2016」(2016/11/26)

2016/11/26(土)に、十数年ぶり(?)に一般公開された幕張車両センター。

Img_91152 

今さらですが、当日の様子をアップします。

Img_89742<幕張車両センターへの陸橋>
幕張車両センターの最寄り駅である幕張本郷駅から10分ちょっと歩いて、
車両センターへの入口となる陸橋へ到着。12時半頃だったような。

Img_89772 
陸橋のすぐ下では、ちょうどマルチプルタイタンパー(MTT)の実演中でした。
車両脇からでは見えなさそうだったので、陸橋から観察することに。

Img_89812 

Img_89802 
普段なら絶対見ることが出来ない、MTTの爪が上下する様子もばっちり見ることができました。

Img_89852 
MTT実演のために、線路には車両センター内の保守用側線とは思えないほどのバラストが撒かれていました。

Img_89892 
MTT実演を見終わった後は、いよいよ車両センターの正門(?)から入場!

Img_89942 
ちなみに、車両センター構内へと繋がる陸橋には「幕張電車区」の文字が残っていました。
塗装は1975年12月となっているので、現在の塗装は陸橋建設当時のままのようで。

Img_89912 
まずは、先ほど実演を見ていたMTTの床下を。

MTT実演は入口脇でしたが、主要な展示物(車両部品や実車の展示)は第一基地の検修庫・交検庫付近で実施されていたので、
陸橋から300mほど歩いて移動します。

Img_89962 
途中には、幕張車両センターの本庁舎が。

Img_91042<113系最終交検プレート>

Img_91002<ニューなのはな最終交検プレート>

Img_90992<211系最終交検プレート>
幕張区から撤退した形式の最終交検日が書かれた、記念プレートも展示されていました。

Img_899722 
移動中に見かけたE257系マリNB-02編成。
この日は、洗浄線体験列車として使用されていたようです。

Img_89982 
車両基地内で見かけた、パンドロール型締結装置を使用したPCまくらぎ。
10年くらい前までは木まくらぎだらけでしたが、更新が進んでいるようです。

Img_90492 
架線点検用の軌陸車の体験も行われていました。

入場口から真っ直ぐ進み、しばらくすると見えてくる修繕庫では車両部品展示を行っているとのことなので、
車両展示よるも先にそちらを見てみることに。

Img_90002<修繕庫>
修繕庫の東側の端は、ちょうど鉄砲塚跨線橋の真下になっています。

Img_900422 
修繕庫内には架線が張られていない(車両修繕や改造のため)ため、天井が高く感じました。

Img_90112<車両部品展示 1/6>
E257系500番台のスリ板(写真右・新品)と、209系2100番台のスリ板(新品と使用後)。

Img_90142<車両部品展示 2/6>
かつて幕張車両センターに所属していた113系や485系が使用していた、MT54電動機のカットモデルが。

Img_90222<車両部品展示 3/6>
ATS車上子とATS地上子は、会議室などでよく見かける折りたたみ机の上で展示されていました。
線路の間に設置されているとあまり大きさを感じませんが、
こうして間近で見ると、かなり大きいな…と。

Img_90272<車両部品展示 4/6>
209系950番台以降に搭載されているTIMS。
幕張車両センター所属車両では、E257系500番台に搭載されています。

Img_90282<車両部品展示 5/6>

Img_90292<車両部品展示 6/6>
検修時には、ノートPCで車両側のデータを読み出すそうですが、端子はこのようになっているのですね。

Img_90022 
修繕庫の端には、展示品ではありませんが、修繕庫で車両の入れ替えに使用されるアントが留置されていました。

修繕庫の隣にある交検庫も、イベント会場として使用されていました。

Img_90412 
交検2番線に留置された209系マリC619編成の先頭車では、小学生以下を対象とした車掌体験が行われ、

Img_90462 
交検1番線に留置されたE257系マリNB-11編成は、休憩車両として開放されていました。

Img_90432 
交検1番線の255系マリBe-02編成は、車両展示(後述)の「お尻」でした。

Img_90532 
修繕庫付近には、もう1台のアントも留置されていました。
線路を離れて横移動するための取り付けられている、横向きのタイヤがよく分かる状態でした。

修繕庫・交検庫の展示を見終わった後は、車両展示へ。

Img_905922<修繕庫正面にて>
修繕庫の正面での車両展示。
右から、マリNB-13編成・キハE130-107・トタM51編成(千葉方・あずさ幕)でした。

Img_90602 

Img_90552 
トタM51編成の両先頭車は、かつて幕張電車区に所属していたこともあり(オオH81←チタH81←マリC5)、
この日の展示では、黄色い編成札が用意されていました。

Img_906322 
用意されていた解説板。

Img_90862 
妻面の検査標記。

次の全検は、平成30年頃になりそうですね。
あと2年で、E353系の増備とE351系の波動用転用が終わるかは怪しいですし、
次の全検を通る可能性も高いのでは…?

Img_90782 
トタM51編成とマリNB-13編成を東京方から。

Img_90762 
M51編成のこちら側は、「すいごう」幕がシールで再現されていました。

Img_90712<交検庫正面にて>
交検庫正面の車両展示は、255系マリBe-02編成とE259系クラNe-015編成でした。
 

車両展示を見終えた後は、再び最初の陸橋まで戻って退出しました。

Img_911622 
幕張本郷駅まで戻ると、いつの間にか最終入場時刻をはるかに過ぎ、
駅のポスターには、「入場終了」の告知が張り出されていました。

車両センターには2時間以上居たはずすが、本当にあっという間でした。
関係者の方々、本当にありがとうございました。


≪11/26の留置状況(イベント関連車両のみ)≫

転削線…トタM51
修繕1番…キハE130-107
修繕2番…マリNB-13
交検1番…マリBe-02、マリNB-11(交検庫内・休憩車両)
交検2番…クラNe-015、マリC619(交検庫内・車掌体験)

洗浄線体験…マリNB-02

|

« 品川駅改良工事レポ(2016/11/23) -第5回切換工事完了- | トップページ | 板橋駅 電留線整備工事レポ(2016/12/17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幕張車両センター一般公開「マリフェス2016」(2016/11/26):

« 品川駅改良工事レポ(2016/11/23) -第5回切換工事完了- | トップページ | 板橋駅 電留線整備工事レポ(2016/12/17) »