« 仙台旅行(2017/03/18) | トップページ | 船の科学館見学(2017/05/03) »

2017年4月 9日 (日)

総武快速線 新小岩駅ホームドア工事開始(2017/04/08)

3月末頃から、新小岩駅の総武快速線ホームでホームドア工事が始まったと聞き、
4/8(土)に現地の様子を確認してきました。

Img_969322 

Img_96812<新小岩駅 錦糸町寄り>
快速線ホームの錦糸町寄りで工事が始まっていました。
ホーム端の笠石が、ホームドア工事でよく見かける覆工板に置き換えられています。

Img_96882 
4/8時点で、上り線(3番線)ホームは、
錦糸町寄りから増結4号車付近まで(約3.5両分)のホーム端が覆工板に置き換えられ、

Img_96892 
下り線(4番線)ホームは、
錦糸町寄りから基本1号車付近まで(約4.5両分)のホーム端が覆工板に置き換えられていました。

Img_96872 
ホーム上には、ホームドア工事のためのスペースが確保されていました。

Img_96862 
珍しく、フェンスの内側が確認できる仕様の仕切り。

Img_96852 
工事のお知らせも掲示されていましたが、
残念ながら工期については書かれていませんでした。

Img_97122 
快速線ホームの錦糸町寄りの様子。
盛土式ではありませんが、ホーム端は薄く補強工事が必要でしょう。

Img_97132 
現時点では、ホーム端が覆工板に置き換わったのみで、
補強材やケーブルラックなどの設置は、まだまだ先の話になるでしょう。
 

Img_96952<新小岩駅 ホーム中程>
快速線ホームでは、ホーム中程もゴムマットで覆われていますが、
これはホームドア工事と直接の関係は無く、直下で行われている南北自由通路整備工事の影響です。

Img_97092 

Img_97102 
南北自由通路の工事により、直下の盛土を掘削しているため、
現状、快速線ホームや線路が仮設桁の上に乗っている状態です。
 
この状態ではホームドアの設置は不可能で、
南北自由通路の整備工事がある程度進み、ホームが本設の状態に復帰してからのドア工事になるでしょう。
 

Img_97032<新小岩駅 市川寄り>
快速線ホームの市川寄りでは、工事による変化は確認できませんでした。
 

新小岩駅のホームドア工事レポは以上です。
しばらくは不定期でレポート化しようと思っています。

なお、肝心のドア稼働時期ですが、現時点では「2018年度内」との情報しかありません。

【参考】
JR東日本千葉支社 総武快速線新小岩駅へのホームドア設置工事着手について(2017年1月27日)
https://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1701_shinkoiwa.pdf


【新小岩駅 南北自由通路整備工事について】

ホームドア工事と無関係ではない南北自由通路整備工事ですが、
葛飾区のサイトが参考になります。

葛飾区 新小岩駅南北自由通路の整備を進めています
http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000060/1003609/1003628/1012370/1003645.html

2017年度の工事は、掘削で誕生した線路下の空間に、
高架橋やボックスカルバートを施工していくそうです。
 

Img_96962 
快速線・快速線ホームの下は高架構造、貨物線の下はボックスカルバートとなる新小岩駅。

Img_96972 
工事桁が架設されている貨物線。
このあたりに、幅員10mの南北自由通路が誕生します。

Img_96982 
工事桁の隙間から下を覗くと…

Img_97002 
掘削された空間が見えました。

Img_96912 
快速線ホームにある使用停止中の階段を覗くと…

Img_96922 
工事車両なども確認できました。

|

« 仙台旅行(2017/03/18) | トップページ | 船の科学館見学(2017/05/03) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総武快速線 新小岩駅ホームドア工事開始(2017/04/08):

« 仙台旅行(2017/03/18) | トップページ | 船の科学館見学(2017/05/03) »