« 総武快速線 新小岩駅ホームドア工事開始(2017/04/08) | トップページ | 銚子電鉄 訪問(2017/05/04) »

2017年5月 5日 (金)

船の科学館見学(2017/05/03)

今年も、GWに船の科学館へ行ってきました。

南極観測船「宗谷」は、係留場所変更後初の見学になります。

Img_98912<船の科学館>


Img_98932 
正面から入り、屋外展示物から見て回りました。

Img_98942 
ちなみに、本館の休館を知らせる入口付近の案内板は、
宗谷の位置が修正されたものに更新されていました。
 

Img_98972<半没水型双胴実験船「マリンエース」>

Img_98992<大型スクリュープロペラ>
潮風を浴び続けている屋外展示物ですが、依然健在です。
しっかりと手入れがされているようです。

Img_99072<戦艦「陸奥」砲身跡>
屋外展示物のうち、昨年9月に横須賀への移設が行われた戦艦「陸奥」の主砲砲身の展示場所跡地ですが、
白い台座だけが残されていました(移設前の様子)。
 
ポツンと…とつい書きたくなりますが、
重さ100トンもの砲身を支えていた台座は、砲身が去ってもなお堂々としていました。

Img_99082 
ちょうどこの時、東京と伊豆諸島を高速で結ぶ高速ジェット船が目の前の航路を通過していきました。
高速ジェット船(ボーイング929)をじかに見たのは初めてだったかも。
 

Img_99002<企画展示>
GW中の船の科学館本館ロビーでは、
企画展示「江戸木造和船細工」のPart1の展示が行われていました。

Img_99022<本館ロビーでの企画展示>
この日は、これらの和船細工を製作された中山幸雄氏が来館されていて、
来場者に直接作品解説をされていました。

Img_99032 
当時の魚河岸の再現だそうです。

Img_99042 
指の先よりもはるかに細かい細工に、ただただ圧倒されました…。
 

Img_99702<別館展示場>
本館の見学後は、別館展示場へ。
ただの小規模展示場にも見えますが、展示物は定期的に入れ替えられているので毎回要チェックな展示場です。

Img_99172 
(自分にとっての)新顔その1、サンゴ(実物)の展示。
 

Img_99202 
新顔その2、「1/1250洋上模型」。
手頃なサイズのこの規格、ドイツのヴィーキング社によるものなんだそうで。

Img_99212 

Img_99222 
5月は支援艦船が特集されていました。
 

本館・別館の見学後は、いよいよ移転後の「宗谷」へ。

Img_99312<南極観測船「宗谷」>
宗谷は、かつて青函連絡船「羊蹄丸」が係留されていた場所へ移動しました。

Img_99342 
近づいてもう1枚。

Img_99392 
右舷側からも1枚。

Img_99362 
係留される向きが変わった(出船→入船)ことにより、
これまで撮影が不可能だった真っ正面からの撮影も可能になっています。

Img_99382 
艦首付近の観察も容易になりました。
公開休止期間中に大がかりな再塗装が行われたため、船体は真新しい蛍光オレンジ色に包まれていました。

Img_99502 
船尾付近はこんな様子。
こちら側も十分見やすいですね。
 

Img_99532 

Img_99542 
乗船・下船はこれまで通り、右舷側からとなります。
見学ルートも、以前と変わっていませんでした(写真省略)。
 

Img_99552<「宗谷」左舷側>
宗谷の移転に伴って新設された防舷材。

Img_99562 

Img_99572 
船内の案内・注意サイン類は更新が行われていました。
 

Img_996422<ブリッジからの眺め>
係留される向きが変わった(出船→入船)ことにより、ブリッジからは陸地が見えるようになりました。
個人的には以前の眺めの方が好きですが、こればかりは仕方のないことなので…。
 

Img_99402 
宗谷のさらに先には、新客船埠頭建設に関連したフェンスと掲示物が。

Img_99462 
(羽田空港D滑走路のような)桟橋構造となることが説明されていました。
国内最大クラスの鋼管杭が使用されるそうです。

Img_99672 
この桟橋も、新客船埠頭の工事に関連した仮桟橋なんだそうで。

Img_99272 
かつて宗谷が係留されていた場所付近では、
新客船埠頭に繋がる連絡道路の鋼管杭が姿を現していました。
 

最後に、東京都による新客船ターミナルプロモーション映像を紹介します。


「宗谷」が移転し、新客船埠頭の建設が本格化しつつある船の科学館の正面海域。
1年も経つと、景色が大きく変わっていそうですね。楽しみです。

2017年GWの「船の科学館」見学記は以上です。

|

« 総武快速線 新小岩駅ホームドア工事開始(2017/04/08) | トップページ | 銚子電鉄 訪問(2017/05/04) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船の科学館見学(2017/05/03):

« 総武快速線 新小岩駅ホームドア工事開始(2017/04/08) | トップページ | 銚子電鉄 訪問(2017/05/04) »