« メキシコ海軍練習帆船「クアウテモク」一般公開(2017/09/08) | トップページ | 品川駅改良工事レポ+品川新駅の様子(2017/10/07)+来年度に大規模切換工事あり »

2017年10月 7日 (土)

板橋駅 電留線整備工事レポ(2017/10/07)

品川駅周辺の再開発に関連して、板橋駅で行われている電留線の新設工事(※)。

10/7(土)に現地の様子を見てきました。
前回のレポート(2017/07/08)からは、約3ヶ月が経過しています。


※板橋駅 電留線整備計画

品川駅の山手線電留線(5線)の廃止に伴い、山手線の車両を東京総合車両センターと池袋運輸区での留置とし、
池袋運輸区に留置されている埼京線車両を、新設する板橋駅電留線(3線)に移転する計画のこと。

Itabashi00101gif   
<板橋駅 電留線配線図>
※クリックで、別ウインドウに原寸大(795x456)の画像を表示します(GIF形式 9KB)


まずは、電留線設置予定場所の様子から。

Img_24422<駅東側 電留線予定場所 1/5>

Img_24432<駅東側 電留線予定場所 2/5>
軌道工事に続き、本線と留置線の間のフェンスや標識類の設置も終わり、
工事機材の大半が片付けられ、留置線付近はさっぱりとした状態になっていました。

Img_244522<駅東側 電留線予定場所 3/5>

Img_24512<駅東側 電留線予定場所 4/5>
ホームから一番離れた3本目の留置線の車止め(制走堤)は未設置のままですが、
車止めと干渉する位置にあった古い架線柱の撤去が終わり、「測量基準点」と書かれた木杭が打ち込まれていました。

Img_244722<駅東側 電留線予定場所 5/5>
留置線の池袋駅寄りでも工事機材の大半が片付けられ、留置線付近はさっぱりとした状態になっていました。
 
留置線終端部(アパホテル脇)からこの付近までは、
架線柱の建て替えが終わり、古い架線柱の撤去まで完了していました。
 

Img_24412<駅西側 保守用側線脇 1/2>
駅西側の保守用側線にはレールを積んだモーターカーが留置されていましたが、
電留線の軌道工事はほぼ終わっているため、電留線整備工事とは関係無さそうでした。

Img_24522<駅西側 保守用側線脇 2/2>
レールを積んだ保守用トロッコの奥には、鋼製架線柱と架線ビームの部品が用意されていました。


続いて、電留線に繋がる分岐器が設置された場所の様子を。

Img_244922<板橋駅ホームより>
架線柱の建て替えが行われている途中のため、
板橋駅のホームからは新旧の架線ビームが重なって見えました。
 

Img_24612<第二雲雀ヶ谷踏切にて 1/2>
第二雲雀ヶ谷踏切から板橋駅寄りでは、大半の架線柱が鋼管架線柱・鋼管ビームに置き換わり、
残っている古い架線柱(コンクリート柱)から伸びたビームも、既に架線を支持していない状態でした。

Img_24632<第二雲雀ヶ谷踏切にて 2/2>

Img_24652<第一雲雀ヶ谷踏切にて 1/2>
第二雲雀ヶ谷踏切から第一雲雀ヶ谷踏切にかけては、新しい架線柱は建っていましたが、
架線は古い架線柱が支持している状態でした。

Img_24662<第一雲雀ヶ谷踏切にて 2/2>

Img_24682<東武線北池袋駅にて>
第一雲雀ヶ谷踏切から池袋駅寄りでは、新しい架鋼管架線柱が建ち始めている最中でした。


電留線の整備工事からは外れますが、滝野川口での新駅舎建設工事の様子を。

Img_24562<板橋駅 滝野川口>
駅舎の基礎工事が始まったようでした。


板橋駅で行われている、電留線整備工事の様子は以上です。
次回も、およそ2ヶ月後を予定しています。

|

« メキシコ海軍練習帆船「クアウテモク」一般公開(2017/09/08) | トップページ | 品川駅改良工事レポ+品川新駅の様子(2017/10/07)+来年度に大規模切換工事あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋駅 電留線整備工事レポ(2017/10/07):

« メキシコ海軍練習帆船「クアウテモク」一般公開(2017/09/08) | トップページ | 品川駅改良工事レポ+品川新駅の様子(2017/10/07)+来年度に大規模切換工事あり »