« 板橋駅 電留線整備工事レポ(2017/12/29) | トップページ | 2018年 新年挨拶 »

2017年12月31日 (日)

品川駅改良工事レポ+品川新駅の様子(2017/12/29)

京浜東北線南行ホームとして工事の進む品川駅5番線と、工事が本格化してきた品川新駅。
12/29(金)の日中に、現地の様子を見てきました。

10月の前回レポートからは、約3ヶ月が経過しています。
 

今回は、以下の項目について記事にしています。

①使用停止中の5番線の様子
②8~10番線の東京寄りの様子(ホーム仮設化)
③品川新駅の様子
④京浜東北線の渡り線新設

10101gif
<品川駅周辺で行われている工事>
※クリックで、別ウインドウに原寸大(1100x670)の画像を表示します(GIF形式 71KB)

※配線図に京浜東北線・山手線を追加しました。


いつも通り、改良工事中の5番線の様子を川崎寄りから載せていきます。

Img_28952<5番線 川崎寄り 1/4>

Img_28972<5番線 川崎寄り 2/4>
5番線ホームでは、ホーム端にコンクリが打たれていました。
これで、この場所の改良工事は、笠石・誘導ブロックなどの設置を残すのみになりました。

Img_28962<5番線 川崎寄り 3/4>
5番線の川崎寄りでは、早くも架線(インテグレート架線)が張られていました。
振止金具が設置されていないため、トロリ線が正規の位置にはない状態です。

Img_28982<5番線 川崎寄り 4/4>
架線は、駅舎の下に入ってすぐの場所で途切れていました。

 
続いて、5番線のホーム中程の様子を。

Img_28992<5番線 ホーム中程 1/4>

Img_29002<5番線 ホーム中程 2/4>
ホーム中程は、10月の時点でホーム・軌道ともに完成形に近かったため、
目立った変化はありませんでした。

Img_29012<5番線 ホーム中程 3/4>
軌道の天井部分には、架線を張るための準備が行われていました。
年明けには架線工事が行われそうです。

Img_29022<5番線 ホーム中程 4/4>
10月の記事では、「4番線に徐行予告信号機が…」とお伝えしましたが、
これに関連する軌道工事は12月上旬頃には終わり、現在では4番線に速度制限は行われていません。
(詳細は、記事の最後『京浜東北線の渡り線新設』でお伝えします。)

 
続いて、5番線の東京寄りの様子を。

Img_28822<5番線 東京寄り 北乗換通路より>

Img_29032<5番線 東京寄り 1/5>

Img_28802<5番線 東京寄り 2/5>

Img_28792<5番線 東京寄り 3/5>
5番線のうち、東京寄りの部分は工事がかなり進み、
ホームの桁式化が終わり、軌道工事もレールの敷設まで完了した状態になっていました。

Img_290422<3・4番線ホーム>
3・4番線ホームの床には、早くも来年度の切換工事に備えて、
ホームの4番線側を仕切るフェンスの設置予定位置の目印となるテープが貼られていました。

Img_289422<5番線 東京寄り 4/5>
5番線ホームに改良工事前からあった屋根は全て撤去され、
高さのある屋根に置き換えられました。

Img_28832<5・6番線ホームの案内サイン拡大>
東京寄りの案内サインのみ、来年度の切換工事後に対応したものに交換されているのは11月下旬の記事でお伝えした通りですが、
見やすい写真が撮れたので、再度掲載しておきます。

来年度の切換工事により、京浜東北線南行が5・6番線ホームに移るため、
5・6番線ホームに設置される京浜東北線北行の案内サインには、誤乗防止のため「東京・上野・大宮方面」の文字が追加されています。

Img_28842<5番線 東京寄り 5/5>
6番線ホームの先端部から見た、京浜東北線北行の新線。
品川新駅に向かってカーブしていきます。


続いて、再び工事が始まった8~10番線の様子を。

Img_288822<9・10番線ホーム>
再び仮設化が行われている9・10番線ホームの東京寄り。
工事は更に進み、舗装のあちこちに切れ込みが入れられていました。

Img_28892<9番線ホーム端>

Img_28902<10番線ホーム端>
9番線・10番線とも、ホームの端が覆工板とベニヤ板に置き換えられました。
8番線・9番線の軌道は、まだ工事桁には置き換えられていません。


続いて、品川新駅と京浜東北線の新線の様子を。
(品川駅寄りから順に掲載しているため、東海道線車内からの写真と京浜東北線車内からの写真が混ざります。)

Img_29062<京浜東北線 新線工事 1/6>
品川駅5番線に繋がる新しい軌道は、そのまま品川新駅へと続いていました。

Img_29072<京浜東北線 新線工事 2/6>

Img_29082<京浜東北線 新線工事 3/6>
一部では、早くも山手線外回りの軌道工事(手前から3本目の線路)が始まっている場所もありました。
さすがに驚きです…。
 

Img_29102<品川新駅の様子 1/4>

Img_291222<品川新駅の様子 2/4>
品川新駅では、京浜東北線ホームのホーム床板の工事が始まっていました。
 
京浜東北線南行がこちら側に切り替わると、京浜東北線ホームは営業線のすぐ隣になってしまうため、
切換工事の前に、可能な限りの工事が行われることになりそうです。

Img_287822<品川新駅の様子 3/4>
品川新駅の全景。
年末年始休みの時期のため、クレーンが「お休み状態」になっていました。

Img_28702<品川新駅の様子 4/4>
田町寄りから、折り紙をモチーフとした大屋根の工事が始まっていました。

Img_29132<京浜東北線 新線工事 4/6>

Img_29162<京浜東北線 新線工事 5/6>
京浜東北線南行の新線が利用する立体交差も、かなり形になってきました。
立体交差部分には、背の高い防音壁が取り付けられていました。

Img_28592<京浜東北線 新線工事 6/6>
札の辻橋のすぐ南側まで伸びている京浜東北線南行の新線ですが、
早くも、現在線と新線の切換地点付近までの軌道工事が終わっていました。


最後に、品川駅南方に新設中の京浜東北線の渡り線について。

現在、京浜東北線北行の列車が輸送障害時や夜間帯に品川駅で折り返す際には、
品川駅のすぐ北側にある引き上げ線が使用されます(参考:記事冒頭の配線図)。
ただし、来年度の切換工事で南行が5番線に移るため、その引き上げ線が使用不可となります。
 
その対策として、品川駅の南方で新しい渡り線の新設工事が行われています。
11月~12月頃に、4番線や北行の品川駅手前で行われていた速度制限は、この渡り線新設のためでした。

※以下4枚のみ12/2(土)撮影となります。

Watarisen13<新設渡り線 1/4>
渡り線の新設位置は、第一京浜の陸橋付近です。
品川駅からは結構距離のある場所(グーグルマップでの計測で約500m)になります。

Watarisen22<新設渡り線 2/4>

Watarisen32<新設渡り線 3/4>

Watarisen42<新設渡り線 4/4>
シーサスクロッシングではなく、片渡り2組となっています。


今回の品川駅改良工事レポートは以上です。
次回の調査も、2~3ヶ月後を予定しています。

|

« 板橋駅 電留線整備工事レポ(2017/12/29) | トップページ | 2018年 新年挨拶 »

コメント

考えてみると、京浜東北線高架部分の切り替えは、山手線と一気にやらなきゃならないですよね? 一晩で済むのだろうか、今からドキドキ...

投稿: Hiko | 2018年1月 1日 (月) 12時47分

というと、京浜東北線の大宮方面ホーム3番線から大船方面京浜東北線の乗換えが不便になります。4番線ホームはどうなるのでしょうか。でも、5番線の発車メロディーは「鉄道唱歌
」ですが、4番線と同じように「春」にするのでしょうか。

投稿: キュウレンジャーファン | 2018年1月 1日 (月) 14時01分

>Hiko様
コメントありがとうございます。
仰るとおり、京浜東北線の北行と山手線の内回り外回りは同時の切換工事となるので、
同時に3線の切換工事を2箇所(品川駅寄り・田町駅寄り)で行うことになります。

終電~始発の間に完了させることはまず不可能でしょうね…。
運休となると影響の大きな路線ですから、2日間にわたる工事などの可能性は低いと予想していますが、
終電の繰り上げや初電の繰り下げは確実に行われるでしょう。


>キュウレンジャーファン様
現行の南行ホームで使用されている「春」になるかは分かりませんが、
「鉄道唱歌」から、京浜東北線で使用されているようなメロディーに変更になりそうですね。

投稿: すいごう | 2018年1月 2日 (火) 05時07分

工事が進んできましたね。京浜東北線の南行は春頃の切り替えでしょうかね。

3線同時切り替えですかあ。
現在の1・2番ホーム、3・4番ホームの大きな改築をしないで線路のみの切り替えっていう仮定ですよね。

投稿: ひろゆき | 2018年1月 2日 (火) 10時31分

順番にホームを移動していけば、1番線が空いて、京浜急行に明け渡しでしょうかね。
それでも、京浜急行としては、空間がせまいので、一番線ホームを多少削ってもらう
可能性もあるのではとおもっていますが。
順番にホームを移動していくに当たっては、3線は、とりあえず、田町寄りは、
現行線につなぐより仕方ないでしょうね。

投稿: 通天丸 | 2018年1月 3日 (水) 16時13分

5番線のホームですが、京浜東北線南行になりますがホームドアの設置工事はどうなっているのでしょうか。切り替えまでに間に合いますかね。
ここが京浜東北線南行で恒久的なら、設置しますよね。

投稿: 利根川一郎 | 2018年1月 4日 (木) 18時39分

考えてみたら田町の品川寄りでは京浜東北線北行と山手線内・外回りが支障するので、皆様が仰られている通り、3線同時線路切り替え工事が必要ですね。
つまり、4番線は改良工事を行い、1〜3番線はそのまま改良工事を行わないということになりますね。
果たして3番線が京浜東北線のままなのか、山手線外回りになるのか、とても気になります!
山手線外回りになれば、大井町以遠と渋谷・新宿方面への乗り換えが対面乗り換えとなり、コンコース上の混雑もかなり緩和されます。

<<キュウレンジャーファン さん
京浜東北線大宮方面行きから大船方面行きに乗り換える人は1人もいないので全く問題ないでしょう。

<<通天丸 さん
ホームを京急電鉄に譲渡することは無いです。
もし譲渡するなら高額の資金を投じて、ホームの補強工事・ホームドア設置工事を行わないでしょう。

投稿: みなかみ | 2018年1月 6日 (土) 01時34分

3線同時切り替えの場合、金曜終電後〜月曜始発までかかるでしょう。
もしかしたら、金曜の終電は繰り上げ、月曜の始発は繰り下げがあるかもしれません。
(それでも終わるかどうか不明)

運行形態は、山手線が大崎〜東京〜上野の間で終日運休。
京浜東北線が品川〜田町の間で終日運休。
山手線が上野、京浜東北線が田町で折り返すことで、上中里・王子への運休の影響を削減。
(山手線が田町、京浜東北線が上野で折り返すと、上野で平面交差が生じる。)
京浜東北線は当然ながら終日各駅停車。

問題は、品川と田町、大崎と品川が行き来できないということだけですが、品川と田町は、京急・都営浅草線に振り替え輸送を依頼すれば解決。輸送力に不安があるから、代行バスも運行するかも。
大崎と品川は、湘南新宿ラインか埼京線を臨時で品川まで運行すれば、影響は最小限にできるかと。
大崎駅に行きたい人は、西大井経由や大井町経由、又は恵比寿での折り返しを推奨し、代行バスも運行すれば輸送力的に凌げるはず。
他は、本数減による混雑がある程度ですので、並行して走る上野東京ラインを臨時で増発してくれると、影響は殆ど無くなるかと。
こうして書いてみると、3線の同時線路切り替え工事は思ったより影響は無さそうです。

投稿: みなかみ | 2018年1月 6日 (土) 01時47分

こんにちは、毎回、工事の状況・進展具合を楽しく拝見しております。
毎日、通勤時に見ていますが、京浜東北線の南行の線路部分はほぼ完成しており、
あとは5番線ホームの改修と架線を張るのみとなりましたね。
今年の夏頃までには、京浜東北線の南行を切換えると思いますが!?

次に、京浜東北線の北行と山手線の内・外回りは配線上、3線の同時切換が必要なので
田町寄りで3線、品川駅の場合は北・南側、3+3線を同時に切換えるとなると
相当な移設工事となり、とても1日では終わらないかと・・・

例えば、品川駅の京浜東北線の北行を、先に3番線から4番線に
山手線外回りを2番線から3番線、内回りを1番線から2番線と
順番に切換えていくようなことは考えられないでしょうか?
<今までの色々な情報を合わせると、
 1番線は「京浜急行線の地上ホーム用地」になるかと!?>

そうすれば、3・4番線のホームドアの新設・移設工事もやりやすく、
切換え工事時に、品川駅の南側までの工事が先に終わっているので、
京浜東北・山手線とも品川駅を折り返しに使えますので
3線の同時切換時の影響・工程数も少なくなるかと・・・

ただし、その場合、移設までの間、品川駅の北側に仮設用線路が必要となりますが・・・
以上、よろしくお願い致します。

投稿: ウエストマウンテン | 2018年1月 6日 (土) 12時48分

すみません、忘れていました!
追加として、移設時に山手線の品川駅南側に折返し用ポイントを新設・・・

投稿: ウエストマウンテン | 2018年1月 6日 (土) 13時02分

こんにちは。
3、4番線の使い方が気になりますね。
4番が京浜東北線なら故障、事故時の折り返し対応とラッシュ遅延の相互発着のメリットが大きいです。
3番が山手線外回りになると、京浜東北線北行きの対面乗り換えになるから、楽になるのは確かですね。でも、山手線のホームドア工事はは終わってるようですが....

線路切替工事の3線同時切替は連休使って厳しいのではないでしょうか?相当な人員が必須とされるので集めるのが厳しいのではないでしょうか?電気、信号もそれなりと。
ちなみに西日本の学研都市線とおおさか東線も相当な切替工事をしてるようです。

板橋駅の引込線工事が目処ついてきたようですが、それと共に東京総合車両センターの山手線留置線増線で今度のダイヤ改正で使用開始になるのか気になります。
と、なると品川駅の引き上げ線や留置線の廃止や田町始発はどうなるかと。

投稿: taka8222 | 2018年1月 7日 (日) 03時24分

京浜東北の南行き、ほぼ架線も引き終わったようですね。
切り替え近いのではないでしょうかね。

投稿: 通天丸 | 2018年1月27日 (土) 16時40分

一番線は、京浜急行に明け渡すと、個人的には確信しております。
京浜急行の地平化によって、乗客の動線が劇的に改善、
また、京浜急行も上下とも待避線が設けられるので、運行計画が大幅に
改善されます。
明け渡す土地については、京浜急行の空く土地と等価交換すればいいと
思います。

投稿: 通天丸 | 2018年6月28日 (木) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 品川駅改良工事レポ+品川新駅の様子(2017/12/29):

« 板橋駅 電留線整備工事レポ(2017/12/29) | トップページ | 2018年 新年挨拶 »