« E231系0番台三鷹車(ミツB11) ホームドア関連装置について | トップページ | 品川駅改良工事レポ(2018/06/09) -切換工事まであと1週間- »

2018年6月 3日 (日)

マリンフェスタ2018 in FUNABASHI(2018/06/03)

6月3日(日)、毎年この時期恒例の「マリンフェスタ2018 in FUNABASHI」が開催され、
陸上自衛隊や航空自衛隊の装備品展示が行われました。

Img_43052<千葉港京葉埠頭>

いつも通り軽めですが、現地の様子をアップします。

毎年、海上自衛隊の何らかの艦艇が入港し、展示品の目玉になっているマリンフェスタですが、
今年は艦艇の入港および展示はありませんでした。

Img_42592<沈埋函 1/2>
その理由がこちら。
例年、艦艇が接岸する岸壁に、海底トンネルの建設に使用される沈埋函が係留されていました。

Img_42602<沈埋函 2/2>
係留されていた沈埋函は、どうやら東京港臨港道路南北線の海底トンネルに使われるものらしく。
東京湾各地の造船所で作られた「鋼殻(コンクリートを打設するための鉄鋼でできた型枠)」は、
造船所ではコンクリートの打設を行わず、京葉埠頭へ曳航後にコンクリートを打設するそうです。

トンネルは2020年の東京オリンピックまでに完成するそうで、
来年もマリンフェスタに艦艇は来られないかも知れません。

【参考】
トラベルWatch「国交省、「東京港臨港道路南北線」の海底トンネルで使用する日本最長の沈埋函を初出渠」(2016年12月29日)
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1037415.html
国土交通省関東地方整備局「東京港臨港道路南北線~沈埋函製作の施工管理について~」
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000676508.pdf
 

Img_43082 
艦艇の代わりに、護衛艦「いずも」の精密模型が展示されていました。
 

Img_42582<高機動車>
艦艇が来ない影響で来場者も少なめだったようで、
いつもなら行列になりそうな高機動車の体験試乗も、待ち時間10分未満でした。

Img_42652 
体験試乗エリアは、沈埋函が係留されている岸壁の赤コーンより陸側でした。
「非装甲の装輪車両…」とあなどっていましたが、加速性能も旋回性能もものすごかったですね…。
さすがは「”高”機動車」。名前負けしていませんでした。

Img_42522 
試乗中に見えた沈埋函の上部。
 

Img_42672<SHIRASE 5002>
例年装備品展示が行われているエリアで高機動車の体験試乗が行われていたため、
今年の装備品展示は、「しらせ」の脇で行われていました。

Img_42942<パトリオット 発射機>

Img_42982<待機車>

Img_427322<A子さん>
航空自衛隊の装備品は、地元の習志野分屯基地より、
パトリオットの発射機、待機車が展示され、パックさん4兄弟のA子さんが参加していました。
 

Img_42882<高機動車 1/2>

Img_42892<高機動車 2/2>

Img_42862<軽装甲機動車 1/2>

Img_42922<軽装甲機動車 2/2>
陸上自衛隊の装備品は、地元の第一空挺団より、
高機動車と軽装甲機動車が展示されていました。
 

Img_42872<11短SAM 発射機>
また、陸上自衛隊の高射学校(下志津駐屯地)より、
「11式短距離地対空誘導弾(11短SAM)」の発射機が展示されていました。
 
去年展示されていた「81式短距離地対空誘導弾」の後継システムとなります。

Img_42772 
人も少なく、撮影し放題でした(ガッツポーズ

Img_42822 
11短SAMは、昨年展示されていた81短SAMとは異なり、
ミサイルはキャニスターから直接発射されます。

Img_42792 
この日発射機に搭載されていたのは、「模擬弾B」だそうです。

Img_430422 

Img_43032 
「模擬弾B」のおしり。
模擬弾なので発射はされませんが、各種ケーブルは接続されています。

Img_43022 
「11式」の名が示すとおり新しいシステムである11短SAM、
高射学校から来たこの発射機は2013年製でした。

Img_42832 
発射機と繋がれていた目視照準具。
 
覗かせてもらえましたが、隊員の方によると「赤外線カメラなので、電源が入ってないと何も見えないよ」とのこと(確かに何も見えず…)。
去年展示されていた81短SAMでは、目視照準具は本当に「目視」ができたんだとか。
 

「マリンフェスタ2018 in FUNABASHI」の写真は以上です。
 
艦艇が来ないことによる「まったり感」が意外と良かったですね。
来年もまた行きたいです。

|

« E231系0番台三鷹車(ミツB11) ホームドア関連装置について | トップページ | 品川駅改良工事レポ(2018/06/09) -切換工事まであと1週間- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリンフェスタ2018 in FUNABASHI(2018/06/03):

« E231系0番台三鷹車(ミツB11) ホームドア関連装置について | トップページ | 品川駅改良工事レポ(2018/06/09) -切換工事まであと1週間- »