« 品川駅改良工事レポ+品川新駅の様子(2018/08/18) | トップページ | 2018.08.11~13 立山黒部アルペンルート旅行 3日目 »

2018年9月16日 (日)

2018.08.11~13 立山黒部アルペンルート旅行 1・2日目

今年の夏は、以前から行ってみたいと思っていた、立山黒部アルペンルートを通り抜けてきました。

Img_519222 

今回の旅行は、
 
・立山黒部アルペンルートの通り抜け
・黒部峡谷鉄道
 
の2本立てです。


アルペンルートを通り抜ける場合、
松本側(扇沢側)から抜けるコースと、富山側(立山側)から抜けるコースの2つがありますが、
今回は松本側から抜けるコースを選択。

Img_47112<新宿駅>
扇沢からスタートする行程のため、旅の始まりは新宿駅から。
E353系には初乗車でした。

Img_471322<松本駅>
速達タイプのスーパーあずさ15号は、わずか2時間半で松本駅に到着。

Img_47152 
この時間帯は信濃大町駅まで直通する特急列車が無いので、
松本駅からは普通列車で大町駅へ。211系N301編成でした。
お盆直前の土日ということで、車内は立ち客で通路が埋まるほどの混雑でした…。

Img_47162<黒部観光ホテル>
信濃大町駅から、黒部温泉郷まではバスで約15分。
1日目の宿は、バス停からすぐの場所にある「黒部観光ホテル」をチョイス。

初日の行程で、アルペンルートの入口である扇沢の手前まで前進し、
2日目は、乗車待ちでかなり待つという扇沢駅を早いうちに抜けてしまおう…という作戦です。


1日目は早めに寝て、2日目の朝を迎えました。
雲は多いですが、夏の日差しがカットされていい感じでした。

Img_47212<黒部観光ホテル>
当初の予定よりも早く、ホテルを8時過ぎに出発し、
大町温泉郷を8時13分に出るバスで扇沢を目指しました。
 
バスは1便が2両に増やされていましたが、
信濃大町駅からの乗客とここから乗る乗客で、2両とも大半の座席が埋まったようでした。

Img_47252<扇沢駅>
バスは20分ちょっとで、アルペンルートの入口となる、
関電トンネルトロリーバスの扇沢駅に到着しました。

Img_47292 
まだアルペンルートの入口ですが、
それでも山々が駅に迫っている感じがすごかったですね。

Img_47272 
駅舎の脇には、トロリーバスが使用する架線の設備などが見えました。
関電トンネルのトロリーバスは今年で引退し、来年からは電気バスに置き換わるため、
これらの設備を見るのは最初で最後になりそうです。

Img_47322<トロリーバス>

Img_47312 
人生初のトロリーバスに乗車。トロリーポールが独特ですね。
乗車したのは9時ちょうどの便でしたが、バスは通路まで乗客がびっしりと乗る状態でした。
 
乗り心地はバスなのにVVVFインバーターの音がするという、不思議な感覚を味わえました。

Img_47342 
トンネルは1車線分の幅しか無いため、途中に交換設備があり(上写真)、
バスはそこで反対側(黒部ダム駅)から来るバスと交換しました。

15分ほどで黒部ダム駅に到着。
駅から約200段(←!)の階段を上ると、有名なダム展望台に着きます。
 

Img_47392<黒部ダム>
テレビやパンフレットで見たとおりの黒部ダムが目の前に!
ちょっと感動でしたね。
 

Img_47452 
ダムの下流にも谷や沢があるようでしたが、どれも傾斜がもの凄い。
こんな場所にダムがあるなんてすごいなぁ…と。

Img_47562 
ダム右岸(標高1470m)からは、より高い山々が見えるわけですが、

Img_47542 

Img_47552 
この後乗車する「立山ロープウェイ」の大観峰駅(標高2316m)が見えました。
あんなところに駅があるなんて…。

ダム展望台からの景色を堪能した後は、ダム天端よりも低い位置にある「新展望広場」へ。
トロリーバスの次の乗り物である「黒部ケーブルカー」は、
黒部ダムの天端を通った先にあるので、天端よりも低い新展望広場に向かうと、
再び階段を上がってこなければいけないのですが、まぁ、せっかくなので。
 

Img_47752 

Img_47772 
途中にあるスペースでは、黒部ダムの建設時に使用された
コンクリートバケットや、バケットの吊り上げフックが展示されていました。
間近で見ると、ものすごい大きさですね…。

Img_47802 
ダム天端と同じ高さまで下りてきました。が、

Img_47812 
新展望広場まではまだ遠いですね…。

Img_47942 
上り直すときのことを考えないようにしながら、ようやく新展望広場へ。
ダムからの放水によって虹が出ていました。
 
黒部ダムには、天端の非常用洪水吐きの他に、5つの放水用バルブがあるそうですが、
この日は、一番上のバルブ2つから放水していて、迫力のある観光放水を見ることができました。
 
ちなみにこの放水、水を霧状にして放出することで、
ダム直下の岩盤が削れることを防いでいるそうです。

Img_47912 
新展望広場には、黒部ダムの建設史などを紹介した特設会場がありました。

Img_479922
特設会場の見学後、再び階段を上ってダム天端と同じ高さへ。

Img_480422 
さぁ、ダム天端を通って向こう側へ行きましょうか。

Img_481222 
ダム天端から見た観光放水。
いやぁ…すごい迫力でした。

Img_48152 
天端から見たダム湖。
水をたたえたダム湖を間近で見るのは初めてでしたが、本当に広かったですね。

Img_48162 
ダム右岸には取水口が。10km先の地下にある黒部川第四発電所に繋がっています。

Img_482022 
天端を歩いて行くと、ダム中心を示す案内板が。

Img_48192 
中心部から少し離れた場所で撮った放水の様子。
カメラだけを突き出して撮りましたが、後から写真を見ると迫力がすごい…。

Img_48212 
ダム下流の様子。
堤高186mということで、高さが半端なかったです。

Img_48272 
さらに歩いたところで、右岸側を振り返り1枚。
右岸には展望台やレストハウスがありますが、文字通り崖っぷちに建っています。

Img_482822 
左岸側からも放水の様子を。

Img_482833 
右岸側の観光スポットを写真に書き込んでみました。
ダム観光なので当たり前ですが、上り下りがすごい観光スポットでした。

Img_48332 
ダムの左岸側に到着。

黒部ケーブルカーに乗ってさらに先を目指す前に、ちょっと寄り道を。

Img_48362 
チケットを買ってダムの湖面まで下り…

Img_48692 
遊覧船「ガルベ」で湖面遊覧を。

Img_48412 
いざ出発!

Img_48432 
この日はかなり蒸し暑かったので、吹きつけてくる風が気持ちよかったですね。

Img_48522 

Img_48552 
途中、ダム湖を横切る渡し船を目撃。
登山者などが利用するそうで、上の方からダム湖まで、木製の階段が伸びていました。

Img_48572 
湖畔に建つ「ロッジくろよん」も目撃。

Img_48582 
15分ほどで折り返し…

Img_48662 
元の船着き場へ。

後から知ったのですが、好天続きで黒部湖の水位は結構下がっている状態で、
この「ガルベ」も、さらに水位が低くなった場合は運休していたそうです。

Img_487732 
余談になりますが、「ガルベ」のチケット売り場兼売店には、
2016年に放送され、黒部周辺が聖地だったアニメ「クロムクロ」のポスターが貼られていました。
 
ちょっと懐かしいですね。
思えば、あの頃からアルペンルートに行ってみたいと思うようになったような気が。
 

Img_488122<黒部湖駅>
黒部ダムでは充実した3時間を過ごしましたが、予定を1時間もオーバーしてしまいました。
まぁ、仕方ないですね。
先へ進むために黒部ケーブルカーの乗り場へ。

Img_48822<黒部湖駅>
ハイシーズンのため、ホームは相変わらず観光客でびっしりです。
これでアルペンルートの乗り物は2つ目ですが、どちらも立席でした。

Img_48872 
不幸中の幸いというか、黒部ケーブルカーでは運転台のすぐ後ろに立てたので、
前面展望を楽しむことができました。

Img_489022 
途中で、もう1台のケーブルカーとすれ違い…

Img_48952<黒部平駅>
出発から5分ほどで黒部平駅に到着。

Img_48982 
黒部平駅の屋上にある展望台からは、
はるか下に、少し前に通過してきた黒部ダムが見えました。

Img_48992 
アップして撮影。
ダムのレストハウスや展望台が豆粒のようでした…。
 

Img_49042 
黒部平駅からは、立山ロープウェイに乗ってさらに先へ。
眼下に黒部平駅を見ながら、高度を上げていきます。

Img_49052 
途中で、逆側のゴンドラとすれ違い。

Img_49072 
黒部湖の水面も見えました。
 

Img_49092
大観峰駅は、記事の上のほうで書いたとおり、崖の途中に建っている駅です。
そのため、外に出ることはできず、駅の屋上にある展望台のみが観光スポットになります。

Img_49162<大観峰駅>
な ん て こ っ た !
 
何も見えない、真っ白な世界が広がっていました\(^o^)/

Img_49232 
天気がいいとこんな景色が広がっているそうです…。

Img_49222 
標高2316mだそうですが、その高さも全く体感できない状態という。

Img_49272 
20分ほど滞在しましたが、一番視界がいい状態でこのくらいでした><
 

Img_49282 
天気はどうにもならないので、気を取り直して更に先へ。
この日2回目のトロリーバスとなる「立山トンネルトロリーバス」に乗り込み、室堂を目指します。

Img_49302 
駅の信号が青になり、いざ出発!

Img_493122 
途中、バスは立山の直下を通り抜けていきます。
立山は標高3015mなので、地上から600mも下を通っていることに。

Img_49342<室堂駅>
10分程度で室堂駅に到着しました。
 

室堂到着の時点で1時半を過ぎていたので、まず昼食を取ってから室堂駅の外へ。

Img_49392<室堂>
夏休みの週末ということで、人でいっぱいでした。

Img_49412 
このくらいの標高(2450m)になると、夏でも雪が残っているんですね。なんかすごい。

Img_49402 
日本一高いところにある「ホテル立山」。
ここに泊まって星空ツアーに参加したら、きっとすごいものが見れるんでしょうね…。
 

Img_49432 
室堂付近は遊歩道が整備されていて、気軽に散策を楽しむことができます。

Img_49352 
相変わらず曇り気味ですが、せっかくなので、周辺を軽く見て回ることに。

Img_49452 

Img_49472 
ここでしか見られない、高原らしい景色をたっぷりと堪能してきました。

Img_49552<ミクリガ池>

Img_49562 
室堂の駅から10~15分程度で、ミクリガ池の見えるスポットへ到着。
ここからだとまだ遠いので、さらに進んで、池の近くまで降りられる場所を目指します。

Img_49572 
途中で見かけたハイマツ。
いかにも「高山」という感じでした。

Img_49582 
噴気が上がり、通行止めになっている場所も。

Img_49622 
ミクリガ池を間近で見られる場所に到着。
この池は流入河川もなく、雨水だけが集まって池になっているそうです。
 
風がない日は、美しい水面に山々が反射して実に綺麗らしいです。
風がなければ…。

Img_49752 
散策の後は、再び室堂の駅まで戻り、さらに次の乗り物へ。

Img_49742 
話は逸れますが、室堂駅の屋上からは、富山県警山岳警備隊の雪上車が確認できました。
 

Img_49772 
室堂からは、立山高原バスに乗車。
ここまでは、立山の山々を登ってきましたが、ここからは先は山を降りていくことになります。

Img_49812 
乗車したのは、多客期向けに増発された16字30分の便で、
途中どこにも止まらず、一気に山を降りていきます。

Img_49852 
約1500mをたった45分で降りていくため、
木々のない高山の景色はあっという間に終わり、立山杉がそびえるエリアに突入。

Img_49872<美女平駅>
美女平駅に到着。

Img_49892 
ここからは、アルペンルート最後の乗り物となる「立山ケーブルカー」で立山駅を目指しますが、
ケーブルカーの定員の関係で、しばらく駅で待つことになります。
 
室堂で立山高原バスに乗車する際にケーブルカーの整理券が配られ、
配られた整理券の番号が来たらケーブルカーに乗車する…という仕組みだったため、
列にひたすら並んで待つ…という苦行はありませんでしたが、
ベンチも空いていなかったため、ひたすら立ってケーブルカーを待つことに。

Img_49932 
約30分の待機後、立山ケーブルカーに乗車。
最後の500mを、7分で一気に下っていきます。

Img_499532 
あっという間に立山駅に到着。
立山ケーブルカーは、物資輸送のために、
客車の下側に貨車(写真手前)が連結されているのが大きな特徴だそうです。

これにて、アルペンルートの扇沢駅から立山駅間の6つ全ての乗り物を乗り終えました。
長かった~。そして楽しかった!
 

Img_49962<立山駅>
立山駅に到着はしましたが、2日目の行程はまだ残っています。

Img_49982 
この日の宿泊場所は富山なので、富山地鉄で富山を目指します。
富山地鉄も初乗車でした。

Img_49992 
アルペンルート特有の乗り物が走る区間は終わりましたが、まだまだ山の中…という印象でした。

Img_50002 
途中の岩峅寺駅では、東急電鉄から譲渡された17480形(元8590系)を目撃。

Img_50012<電鉄富山駅>
立山駅から約1時間で電鉄富山駅に到着。
疲れていたので、ほとんど記憶がないですね…。
 

Img_50022 
この日の宿泊場所は、電鉄富山駅と直結している富山地鉄ホテル。
到着が遅くなるのは分かっていたので、駅から近い場所で宿を取りました。

ホテル着が20時近かったので、ホテルの近くで夕食にした後、12時頃にはベットへ。
明日は黒部峡谷鉄道のトロッコ列車です。

それではおやすみなさい!

 
3日目へ移動する

|

« 品川駅改良工事レポ+品川新駅の様子(2018/08/18) | トップページ | 2018.08.11~13 立山黒部アルペンルート旅行 3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018.08.11~13 立山黒部アルペンルート旅行 1・2日目:

« 品川駅改良工事レポ+品川新駅の様子(2018/08/18) | トップページ | 2018.08.11~13 立山黒部アルペンルート旅行 3日目 »