« 中央・総武緩行線 ホームドア設置状況(2018年度版) | トップページ | 品川新駅の駅名が「高輪ゲートウェイ」に決定 »

2018年11月23日 (金)

品川駅改良工事レポ+品川新駅の様子(2018/11/17)

4番線で改良工事が進む品川駅。
品川新駅の様子とあわせて、11/17(土)の日中に様子を見てきました。

前回のレポートからは、約3ヶ月が経っています。

今回は、以下の項目について記事にしています。

①4番線の改良工事の様子
②京浜東北線の南行旧線・引き上げ線の撤去
③品川新駅と、3本の新線の様子
④9・10番線ホームの様子

10204gif 
<品川駅周辺で行われている工事>
※クリックで、別ウインドウに原寸大(1100x670)の画像を表示します(GIF形式 75KB)


まずは、改良工事中の4番線のホーム・軌道の様子を大井町寄りから。

Img_58472<品川駅4番線 大井町寄り 1/5>
3ヶ月の間に、3・4番線ホームの大井町寄りでは新しい上屋の工事が進んでいました。

Img_585422<品川駅4番線 大井町寄り 2/5>
新しい上屋は、これまで列車が止まっていなかった部分(かつてトイレがあった場所)まで覆っており、
既存の上屋とあわせると、11両程度の長さになりそうです。
 
3番線ホームは、やはり山手線外回りホームに用途が変わりそうですね。

Img_585223<品川駅4番線 大井町寄り 3/5>
新しい上屋のうち大井町寄りでは、3番線側にのみ列車が停車する想定のためか、
4番線側(写真手前)への張り出しよりも、3番線側(写真奥側)への張り出しが大きく、
3番線側にのみ、斜めの支えが入っていました。

Img_584922<品川駅4番線 大井町寄り 4/5>
4番線に話を戻すと、新4番線(京浜東北線北行)が通るスペースには、
今のところ、架線柱や信号機器などが残っている状態でした。

Img_58512<品川駅4番線 大井町寄り 5/5>
6月の切換工事前に合成まくらぎが挿入された、4番線の大井町寄りですが、
11/17現在、PCまくらぎへの交換は行われていませんでした。
 

Img_58562 
このほか、大井町・大崎寄りでは、
山手線電留線側から1~3番線の線路を跨ぐように工事車両向けの踏み板が設置されていました。

 
続いて、4番線のホーム中程の様子を。

Img_58842<品川駅4番線 中程 1/5>

Img_58832<品川駅4番線 中程 2/5>
ホーム中程では、既存のホーム擁壁が完全に撤去されていました。

Img_58822<品川駅4番線 中程 3/5>

Img_58782<品川駅4番線 中程 4/5>
既存の擁壁が撤去された場所では、
PCコンクリートブロックの「ホームウォール」が搬入され、新しい擁壁として設置が進んでいました。

Img_587922<品川駅4番線 中程 5/5>
ホームウォールは「コ」の字型になっているため、
非常時の待避スペースが確保されます。

 
続いて、4番線ホームの田町寄りを。

Img_58752<品川駅4番線 田町寄り 1/3>
ホームの田町寄りでは、既存の擁壁が撤去されずに残っていました。

Img_58772<品川駅4番線 田町寄り 2/3>
退避スペース確保用のコンクリート製品も搬入済みのため、
田町寄りでは、既存の擁壁を活かしたホームドア工事が行われることになりそうです。

Img_58672<品川駅4番線 田町寄り 3/3>
4番線の田町寄りにあった建物は、1棟を残して全て解体が終わっていました。
 
残っている1棟(写真左側の青い建物)には灯りが灯っていて、今でも使用されているようなので、
この建物だけは残りそうですね。


続いて、駅の北側にあった引き上げ線の撤去の様子を。

Img_586122<引き上げ線の撤去 1/4>

Img_586022<引き上げ線の撤去 2/4>
前回のレポートから3ヶ月、引き上げ線は完全に撤去されていました。

Img_58642<引き上げ線の撤去 3/4>

Img_58662<引き上げ線の撤去 4/4>
3番線(北行)から引き上げ線に入線するための分岐器と、
山手線外回りと京浜東北線北行を結んでいた分岐器は、どちらも撤去済みでした。
 
撤去作業が終わった直後のようで、京浜東北線北行には45km/hの速度制限がかけられていました。


続いて、品川新駅と3本の新線の様子を、田町寄りから順に載せていきます。

Img_583022<新線工事 1/11>
札の辻橋付近では、山手線外回り・内回り(上写真、右から2本目と3本目)の軌道が、
TC型省力化軌道からバラスト軌道に置き換えられていました。
バラストをてん充材で固めたTC型省力化軌道では、切換工事を行うことが出来ないためでしょう。
 
また、京浜東北線南行(写真中央)のまくらぎについては、
切換工事前の合成まくらぎから、本設の幅の太いPCまくらぎへの交換が完了していました。

Img_45052<参考:2018年6月の様子>
 

Img_583322<新線工事 2/11>

Img_57962<新線工事 3/11>
また、この付近では南行旧線の撤去が終わったため、
北行新線の立体交差の、田町寄りアプローチ部の工事が本格化しています。

Img_57972<新線工事 4/11>
立体交差の高架橋がぶっつりと途切れていた場所では、
盛土構造のアプローチの建設が始まっていました。

Img_57992<新線工事 5/11>

Img_58382<新線工事 6/11>
新駅の北側では架線柱が建て終わったようで、
山手線外回り・内回りの新線では、早くも架線工事が始まっていました。
 

Img_58392<品川新駅 1/3>

Img_58192<品川新駅 2/3>

Img_580522<品川新駅 3/3>
品川新駅については、鉄骨の組み上げとテフロン膜の屋根を張る作業が終わり、
足場の内側での作業となったことから、外観の大きな変化はありませんでした。
 

Img_58412<新線工事 7/11>
新駅の南側でも、新線の軌道工事が終わった区間では、
早くも架線工事が始まっていました。

Img_584322<新線工事 8/11>

Img_584422<新線工事 9/11>

Img_58452<新線工事 10/11>
新駅から品川駅手前までの区間では、新線の軌道工事がさらに進み、
保守用車両のための横取り装置の設置が行われていました。

Img_58122<新線工事 11/11>
新線の軌道は、工事車両の通路と干渉しないぎりぎりの位置まで延ばされているようでした。


最後に、9・10番線ホーム(第5ホーム)での工事の様子を。

Img_587122<第5ホームの様子 1/3>
9・10番線ホームの東京寄りでは、しばらく前からホームが再び仮設化され、
ホームの下で何らかの工事が行われていました。

Img_58722<第5ホームの様子 2/3>

Img_58732<第5ホームの様子 3/3>
いつの間にか、かなり大きな地下空間が誕生していました。
フェンスの外からでは、どこまで伸びているかは確認できないほどの奥行きでした。
 
品川駅で工事中の地下空間というと、
7・8番線ホームの東京寄りの地下にある空間(物流施設となる予定)がありますが、
今のところ、そことは繋がっていないようです。
 
正体不明のこの空間、今後が気になりますね。


今回の品川駅・品川新駅周辺の様子は以上となります。
次回のレポートは、2~3ヶ月後を予定しています。

品川新駅の駅名発表は2018年冬頃の予定のため、
次回のレポートの頃には、新駅の駅名で記事を書くことができそうです。

|

« 中央・総武緩行線 ホームドア設置状況(2018年度版) | トップページ | 品川新駅の駅名が「高輪ゲートウェイ」に決定 »

コメント

アップありがとうございます。
来年秋には、とりあえず、1番2番4番で、一気に新線に接続という
利根川さんの意見が、一番合理的なようにおもえてきました!!
これであれば、4番改修後4番ホーム先行しようで、現行線につなぐ余分なこともひつようなくなりますね!!
これで、3番、2番の改修はゆっくりできますね!!

投稿: 通天丸 | 2018年11月24日 (土) 14時12分

なぜ急いで、山手京浜東北渡り線ポイントを撤去し線路強化をはかったのか、新選3番線への接続もまだ可能性としては、のこっていますね!!

投稿: 通天丸 | 2018年11月25日 (日) 20時55分

数日前に、3番ホームの端に、改修用線路がまた用意されていました。
いまごろ、わたり線山手側のポイントも、撤去されているのではないでしょうか。
山手内回り外回りの間の引き上げ線撤去も近いような気がします。

投稿: 通天丸 | 2018年11月28日 (水) 22時13分

>通天丸様
目撃情報ありがとうございます。

山手線側の引き上げ線ですが、先日現地を訪れた際も入換信号機が点灯しており、
実際の使用の有無はともかく、まだ機能はしているようでした。
撤去はまだ先になるのではないでしょうか。

来年3月には山手線の電留線が使用停止になる(はず)なので、
あの付近の分岐器が一斉に使用停止となるタイミングで、同時に使用停止・撤去となるのではないかな…と予想しています。

投稿: すいごう | 2018年11月30日 (金) 00時35分

4日、新駅の駅名『高輪ゲートウェイ』に決定とJR発表!!
個人的には、『高輪泉岳寺』を期待していたのですが!!

投稿: 通天丸 | 2018年12月 4日 (火) 20時35分

今年もよろしくお願いします。
本日(1/10)、上野より京浜東北南行に乗っていて品川に近付いた時、新しい京浜北行きのスロープと新しい山手外廻りの線路が見えて
はた、この間に山手内廻りの線路が敷設されるには、ちと、間隔が狭過ぎるのではと疑問に思いました。
大丈夫なんでしょうか。たまに近辺を電車で行き来すると仕上がりの程度が見えてきて浮き浮きしますね。

投稿: その辺のおっさん | 2019年1月10日 (木) 17時36分

次回取材MEMO
・品川新駅の足場一部撤去(車町公園等から観察可)
・山手線の品川駅北側の引き上げ線、使用停止

投稿: すいごう | 2019年1月27日 (日) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 品川駅改良工事レポ+品川新駅の様子(2018/11/17):

« 中央・総武緩行線 ホームドア設置状況(2018年度版) | トップページ | 品川新駅の駅名が「高輪ゲートウェイ」に決定 »