« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月20日 (日)

羽田空港アクセス線 田町駅付近の様子(2020/12/19)

2019年2月に、JR東日本より環境影響評価の手続きに着手することが発表され、
同年5月に、東京都へ環境影響評価調査計画書が提出されている「羽田空港アクセス線」について、
全てをカバーできるわけではないですが、調査できる範囲でお届けしていきます。
 

現在、調査計画書が提出されているのは、
上野・東京方面から休止中の東海道貨物線(大汐線)を経由して羽田空港へと向かう、いわゆる「東山手ルート」です。

かつての汐留貨物駅と東京貨物ターミナル駅を結んでいた大汐線は、東海道線(旅客線)とは繋がっておらず、
2つの路線がどのように接続されるかが注目されていましたが、
東京都環境局のウェブサイトで公開されている計画書(以下URL参照)によると、
田町駅の北側で東海道線から分岐して、トンネルで東海道新幹線をくぐり、大汐線へと接続することが明らかになっています。

 
東京都環境局 「羽田空港アクセス線(仮称)整備事業」環境影響評価調査計画書
https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/assessment/information/toshokohyo/publishdetail/359_hanedaaccess_tosho_kei.html

田町駅付近での工事の内容については、
上記のページのNo.3「事業の目的・内容等②」に工事の内容が掲載されています。

Img_00313
まず、田町駅の北側に存在する山手線の引き上げ線を廃止し、
「山手線外回り線」「京浜東北線南行」「東海道上り線」を順次移設して1線分のスペースを確保した上で、
単線のアクセス線を建設し、地下トンネルで東海道線と大汐線を結びます。

 
当ブログの読者様より、関連する工事が田町駅で始まっているとの目撃情報をいただき、
12月19日に現地を訪問しました。

以下、田町駅周辺の様子について載せていきます。

続きを読む "羽田空港アクセス線 田町駅付近の様子(2020/12/19)"

| | コメント (1)

2020年12月 1日 (火)

幕張車両センター・習志野運輸区の様子(2020年10月~12月)

最近の、幕張車両センター・習志野運輸区の留置状況の個人ツイート保管庫です。
過去の留置状況を確認しようと思っても、掘り返すのが面倒なので…。

続きを読む "幕張車両センター・習志野運輸区の様子(2020年10月~12月)"

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »