« E235系1000番台 ホームドア関連装置 | トップページ | 高輪橋架道橋 西側の切り替え(2回目)実施後の様子(2021/06/13) »

2021年5月19日 (水)

高輪橋架道橋 西側の切り替え実施後の様子(2021/05/15)

高輪ゲートウェイ駅や泉岳寺駅の近くに位置し、高輪地区と港南地区を結んでいる「高輪橋架道橋」。
(正確には、高輪橋架道橋を通る区道は『高輪橋架道橋下区道』となります)

Dsc015832
 
新しいトンネル(第二東西連絡道路)の建設工事に伴い、2020年4月12日より自動車通行止めとなっていましたが、
工事が進み、2021年5月11日の11時頃より、高輪側が地上の迂回通路へと切り替えられました。
 
切り替え後の様子を、5月15日(日)に確認してきました。


Dsc015742 
まずは、高輪側の切り替え地点の様子から。
迂回通路の開通により、旧道へのルートはフェンスで塞がれていました。
 

Dsc015762
迂回通路の様子。
工事現場のど真ん中を通っている雰囲気があって、結構好きですね。
 

Dsc015792  
通路両脇のフェンスは目隠しされており、内部の様子は伺えませんが、
1箇所だけ、内部が見えるように配慮された場所が。
 

Dsc015782  
そこからフェンスの内側を覗くと、そこにはなんと高輪築堤が!!
 
貴重な明治鉄道遺構が見ることができるよう配慮されているようです。
関係者の方には感謝しかないですね。
 

Dsc015142
この迂回通路ですが、この位置を通るのは5月末までの予定で、
6月からはさらに別の場所を通ることになるそうです。
迂回通路から高輪築堤を見ることができるのは、かなり短い期間ということになりますね。
 

Dsc015822

Dsc015902 
旧道と迂回通路は、スロープ付きの階段で結ばれていました。
 

Img_22312  
今のところ、天井が撤去されたのは階段付近のみですが、
迂回通路が開通したことで、天井などの撤去が一気に進みそうですね。
 

今回、迂回通路に切り替えられたのは、
高輪橋架道橋下区道のうち高輪側の3分の1程度なので、港南側は今のところこれまで通りです。

Dsc015852

Dsc015872
高輪橋架道橋で一番高さが低いのは港南側なので、
一番「濃い」部分は生き残ったことになります。
 

高輪側が迂回通路へと切り替えられた高輪橋架道橋の様子は、以上となります。


最後に、切り替えで立ち入ることができなくなった区間の様子を何枚か。

Dsc015202

Dsc015212

Dsc015192

Dsc015172

Dsc015292

Dsc015282


【今回の参考資料】

港区ホームページ「高輪橋架道橋下区道の車両通行止めについて」(最終更新 2021年4月29日)
https://www.city.minato.tokyo.jp/dobokukeikaku/takanawabasikadoukyou_tuukoudome.html

|

« E235系1000番台 ホームドア関連装置 | トップページ | 高輪橋架道橋 西側の切り替え(2回目)実施後の様子(2021/06/13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« E235系1000番台 ホームドア関連装置 | トップページ | 高輪橋架道橋 西側の切り替え(2回目)実施後の様子(2021/06/13) »