« 品川駅改良工事と品川駅周辺の様子(2021/10/30) | トップページ | 品川駅改良工事の様子(2021/11/23)-切換工事の2週間前- »

2021年11月 9日 (火)

Takanawa Gateway Fest 2021 参加記録(2021年11月)

昨年7月から9月にかけて、高輪ゲートウェイ駅正面の広場で『Takanawa Gateway Fest』が開催されました(記事)が、
今年も、11月3日(祝)から11月7日(日)の5日間にわたって、
『Takanawa Gateway Fest 2021』(以下、高輪ゲートウェイフェスト2021)が開催されました。

Dsc019472

Dsc019492 
昨年の会場となった駅正面の広場は、すでに再開発がスタートして消滅しているので、
今年の「高輪ゲートウェイフェスト2021」は、駅正面のデッキや駅構内で開催されました。

いくつかのイベントが開催されましたが、
そのうち、11月3日と6日に行われた『未来と今の街を知る Partner Base 高輪ツアー』に参加してきました。


ツアーは事前予約制で開催され、
各回10人 × 1日3回 × 2日間の、合計60人の枠があったようです。
 
予約開始直後は空きもありましたが、当日までには全て埋まったようで、
高輪ゲートウェイ駅周辺の再開発に対する関心の高さが伺えます。
 
駅周辺で行われている工事は、「駅の建設」から「街づくり」に移っていることもあり、
私が参加した回も、鉄道ファンはごく僅かで、大半は地元や周辺自治体に住んでいる方だったようです。
 

Dsc019572<ツアー開催場所>
高輪ゲートウェイ駅のコンコース階のうち品川寄りの一部は、
街開き前のため一般開放されていないエリアとなっており、フェンスで仕切られています。
そのスペースを利用して、ツアーが開催されました。
 

Dsc019442<ツアー受付>
普段は閉じている改札脇のフェンスが開けられ、
その手前が受付になっていました。
 

Dsc019432<電動キックボード体験>
入場してすぐの場所では、次世代モビリティのひとつとして期待されている、
電動キックボードの体験ができるようになっていました。
 
足で蹴って進むキックボードとほとんど変わらない見た目ながら、
15km/hほどのスピードが出るそうで、体感でも結構な速度が出たような印象を受けました。
 

Dsc019402<次世代ロボット展示>
非開放エリアのさらに奥へと進むと、次世代ロボットの展示スペースとなっていました。
 

Dsc019262

Dsc019242  
移動経路を指定すると、台車の下へ潜り込んで自動で搬送してくれるロボットや…
 

Dsc019302
電源を入れて壁に貼り付けるだけで、
自動で窓の範囲を計測して拭き掃除をしてくれるロボット、
 

Dsc019352
誘導・案内ロボットなどが、
担当者の解説つき、かつ、すべて電源が入り動作する状態で展示されていました。
 

その後は、高輪ゲートウェイ駅周辺の再開発がどのように進むかについての、模型と映像を使った説明や、
地元のボランティアの方による、高輪周辺の歴史や散策コースについての紹介がありました。
 

Dsc019412<ロボット整列>
全体で60分ほどのツアーはあっという間に終了し、
最後は、この日展示されていたロボットに見送られて退場しました。
 

駅の建設時から追っている高輪ゲートウェイ駅周辺の再開発ですが、
再開発や街の将来像を紹介するイベントは何度も行われており、JR東日本の期待値の高さを感じます。
2024年の街開きがとても楽しみです。
 

Dsc019382
これは完全に余談ですが、一般未開放エリアからは再開発4街区の工事がよく見えました。
ここだけでも先行して開放されると、再開発の進みが観察しやすいのですが…


【参考URL】

JR東日本 2021.10.21 「Takanawa Gateway Fest 2021」を開催します
https://www.jreast.co.jp/press/2021/20211021_ho02.pdf

|

« 品川駅改良工事と品川駅周辺の様子(2021/10/30) | トップページ | 品川駅改良工事の様子(2021/11/23)-切換工事の2週間前- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 品川駅改良工事と品川駅周辺の様子(2021/10/30) | トップページ | 品川駅改良工事の様子(2021/11/23)-切換工事の2週間前- »